ハンマー男がパチンコ店襲撃 「台を壊しまくり」動画のド迫力

印刷

   パチンコ店内に金槌(ハンマー)と包丁を持って現れ、ハンマーでパチンコ台のガラスを次々に破壊して行く。店員は「離れてください、皆さん逃げてー!」と叫び店内は騒然となる――竹内力さんの主演などで知られる「Vシネマ」を彷彿とさせる、こんな動画がネット上に拡散している。

   これは2016年7月6日に実際に埼玉県八潮市のパチンコ店で起こった事件で、警察が駆け付け右手を血で染めた男に手錠を掛け連行するシーンまで映っている。お客の誰かが撮影しネット上にアップしたもののようだ。

  • 「パチンコで負けたから」(ネット上に投稿された動画のスクリーンショット)
    「パチンコで負けたから」(ネット上に投稿された動画のスクリーンショット)

店員が「皆さん逃げて、離れてください!!!」と絶叫

   動画はいくつものシーンに分割されアップされていて、まず、パチンコ店の通路にいる上下グレーの服を着た小柄な男の背中が映る。男は左手に包丁、右手にハンマーを持っている。店員の、

「皆さん!包丁を持ってるんで、離れちゃってください。皆さん逃げて!!離れてください。ごめんなさい。皆さん逃げて、離れてください!!!」

という絶叫が聞こえる。客は避難し、通路から離れた場所でその男の様子を見ている。通路にはその男と、パチンコの出玉を入れる積み上げられたドル箱だけが存在する。男はハンマーでパチンコ台のガラスを叩き、1台、1台と冷静に破壊して行く。壊された台の映像もあり、「CR牙狼 魔戒ノ花」という台を狙っていて、ガラスの中の液晶モニターもグチャグチャになっている。やがて警察が駆け付け男は取り押さえられる。警察に連行された男がカメラの前を通るとき、手には手錠が嵌められ、右手は血で染まっていた。

   この動画を見た人たちは、

「あの状況で急に襲ってきたら誰か最悪、人が死ぬぞ」
「血まみれ・・・」
「今はパチンコするのも命がけなのですね、、、」

などとツイッターでつぶやいた。

壊したのは約30台

   いったい何が起きたのか。J-CASTニュースが埼玉県警に取材すると、八潮市のパチンコ店で男が暴れていると16年7月6日に通報があり急行し、男はハンマーと刃渡り18センチの包丁を持っていたため銃刀法違反で17時17分に現行犯逮捕した。お客や店員に怪我はなく、男は若干負傷していた。壊したのはパチンコ台約30台で、男は、

「パチンコで負けたから」

という理由で犯行に及んだと供述しているという。男は取り調べに対し、年齢は66歳で、職業は解体工だと言っているという。

   J-CASTニュースが7月7日、パチンコ店に事件当時はどのような状況だったのかを取材しようとしたが、該当店の関係者によると、

「その件についてはお話しできません」

ということだった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中