天皇陛下の脇にあった「皿」と「石」 ネットで「特定」進む

印刷

   天皇陛下が自らのお気持ちを表明したビデオメッセージは、発言内容そのもの以外にも、ネット利用者にとって多くの点で関心を呼んだ。テレビ各局がつけたテロップや、天皇陛下の背後に映り込んでいる皿や石といった物体などだ。

   放送が始まってからまもなく、背景に映った「物体」について具体的な分析が進んだ。ネット上では「特定班」への称賛の声も上がる事態となった。

  • ネットの興味は背景の「皿と石」にも向けられた(画像は宮内庁提供動画より)
    ネットの興味は背景の「皿と石」にも向けられた(画像は宮内庁提供動画より)

右側の皿「柿釉と縄文象嵌の技法から推し量るに...」

 

   まず、「特定」が進んだのが、宮内庁が2016年8月8日15時に公表したビデオで、天皇陛下の右側に映っていた皿だ。早くも15時5分にはツイッターに

「柿釉と縄文象嵌の技法から推し量るに、益子焼の人間国宝、故・島岡達三の作品ではないかと思われます」

という声があがり、15時39分には写真とともに「柿釉象嵌大鉢」と呼ばれる作品なのではないか、という指摘が出た。

   島岡氏は07年に死去しているが、天皇皇后両陛下は1996年に栃木県益子町にある島岡氏の工房を視察している。

   その次に話題になったのが、天皇陛下の左側に映っている石のようなものだ。石を室内に飾って楽しむ「水石(すいせき)」の一種で、18時前には

「この石は虎石と呼ばれるもので、恐らく滋賀県の瀬田川産ではないかと思われます」

といった声が出た。これ以外にも、マイクやカメラの機種を推測する声も出ており、様々な分野で「推測合戦」が盛り上がった。

   一連のツイートには、

「面白かった。好きこそものの上手なれの集合知」
「皿やマイクはともかく、石の産地が瀬田川だとか、映像からカメラの型番だとか、特定班はすごいなぁ」

といった声が相次いだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中