SMAP解散、「5人以外に責任」8割
【緊急読者アンケート】

印刷

   SMAPの解散を、全国の人々は果たしてどう受け止めたのか。J-CASTニュースでは2016年8月15日、読者を対象に、サイト上で緊急アンケートを始めた。

   24時間に満たない16日15時現在、7000票を超す票が投じられ、解散という事態に多くの人が納得していないこと、また「解散の責任」が、「5人のメンバー以外にある」と大多数の読者が感じていることが鮮明になった。また、一連の報道に対しても、厳しい批判の声が上がった。

  • 1日で7000票近い得票が集まった
    1日で7000票近い得票が集まった
  • 解散は「5人以外の責任」が大多数。写真はジャニーズ事務所
    解散は「5人以外の責任」が大多数。写真はジャニーズ事務所

「解散の撤回望む」6割

   今回のアンケートは編集部が用意した5つの設問に対し、それぞれ当てはまる回答を読者に選んでもらう形で行った(アンケートは現在も続行中。結果はいずれも16日14時時点)。

   まず、SMAPの解散自体についてどう思うか尋ねたところ(総投票数7633票)、「認められない、撤回してほしい」と答えた人が最も多く、全体の60.1%に。「このまま解散で良いと思う」(13.9%)、「残念だがやむを得ない」(20.8%)とした解散容認派を上回った。

   ついで、SMAPの解散について、「責任」がある人物がいるとすれば誰かを質問した(総得票数7438票)。メンバーの中で最も多くの票が集まったのは、今回の騒動で「事務所側」に立ったとされた木村拓哉さんの14.1%で、以下、解散を強く主張したと報じられている香取慎吾さん(3.1%)、そして中居正広さん(1.1%)と続いている。

   しかし、圧倒的に多くの人が選んだのは、「5人以外の人物」という回答だ。その得票率は実に81.6%。大多数の読者が、今回の解散劇が5人の意志というよりも、すでに報じられているジャニーズ事務所内部の「お家事情」によるものだと考えていることが、改めて明らかになった。

解散巡るメディア報道「納得いかない」も8割

   また、同じように批判的な意見が目立ったのが、メディアの報道姿勢だ。

   「解散をめぐる一連のメディアの報道に、あなたは納得している?」という質問に(総得票数7244票)、79.2%もの読者が「まったく納得がいかない」と答え、「大いに納得がいく」「おおむね納得がいく」はわずかにそれぞれ1.3%、4.9%留まり。特にテレビ、スポーツ紙に対し、「事務所寄り」「特定のメンバーに対し攻撃的」という声が、1月の解散・分裂報道以来上がっており、こうしたメディアに対する不信感はかなり強いようだ。

   なお今後の「再結成」について尋ねたところ(総投票数7185票)、「早いうちに、ぜひしてほしい」とした人が53.0%で最も多かった。

   また過去のシングル曲のうち、売り上げ上位10曲を対象に「一番好きな曲」を聞いたところ(総得票数6867票)、1位は「世界に一つだけの花」の31.5%、僅差で「夜空ノムコウ」が27.5%で2位となり、「がんばりましょう」(7.7%)、「俺たちに明日はある」(7.6%)、「"shake"」(7.1%)、「らいおんハート」(7.1%)というランキングとなっている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中