異例の「天皇陛下万歳!」 戦没者追悼式での「発声」に意見さまざま

印刷

   71回目の終戦の日にあたる2016年8月15日に政府が東京・北の丸公園の日本武道館で開いた全国戦没者追悼式で、参列者から「天皇陛下万歳!」の声があがる一幕があった。

   式場を退出しようとしていた天皇皇后両陛下は足を止め、参列者席の方を振り向いて会釈すると、式場では大きな拍手が起こった。天皇陛下が8月8日にビデオで公表した「お気持ち」で退位の意向を示唆してから、皇居の外で公務を行うのは初めてだっただけに、天皇陛下に特別な思いを抱く参列者がいた可能性もある。ただ、戦争や災害の犠牲者を追悼する式典で「万歳」の声があがるのは異例で、ネットでは様々な意見もあがっている。

  • 「天皇陛下万歳!」の声に応えて参列者席を振り返る天皇皇后両陛下
    「天皇陛下万歳!」の声に応えて参列者席を振り返る天皇皇后両陛下
  • 参列者席(写真右)から起こった拍手に見送られる形で、天皇皇后陛下(写真左)は式場を後にした
    参列者席(写真右)から起こった拍手に見送られる形で、天皇皇后陛下(写真左)は式場を後にした

大手メディアはどこも報じていない

   式典では、正午の時報直後に天皇陛下が読み上げる「お言葉」では、2年連続で続いて「深い反省」が表明された。衆参両院の議長と最高裁判所長官、戦没者遺族代表による「追悼の辞」が終わり、両陛下が退出しようとした時にハプニングが起きた。両陛下は塩崎恭久厚労相の先導で檀上の席を離れ、式壇と参列者に一礼。天皇陛下が皇后陛下の腕を取りながら出口につながるスロープを下り始めたときに、参列者から「天皇陛下万歳!」という声があがった。

   直後に天皇陛下は立ち止まり、後ろを振り返って参列者席に改めて2回頭を下げた。その間も「万歳!」と叫ぶ人が続出。ほどなく式場中で起こった拍手に見送られる形で、両陛下は式場を後にした。

   15年の式典では、わずかに拍手のような音は聞こえたものの、「万歳」を叫ぶ人もおらず、両陛下は檀上から立ち止まることなく式場を退出している。追悼式を主催する厚生労働省によると、ここ4、5年は「万歳」の発声はなかったというが、その前については「わからない」としている。追悼式を生中継していたNHK(総合テレビ)は、天皇陛下の「お言葉」で中継を打ち切っており、「万歳」はテレビではBSでしか中継されなかった。また、大手メディアは16日現在、ほとんど「万歳」を報じていない。

   J-CASTニュースが15日に、「万歳」の模様も含めて報じると、Yahoo!のコメント欄などには、

「哀悼の席で万歳は如何なものか・・・」
「TPOをわきまえることのできないかわいそうな人なんでしょうね」

などと式典での振る舞いとしては不適切だという声が相次いだ。

   一方で、天皇陛下が参列者席を振り返り、その後に拍手が起きる一連の流れを踏まえて

「国民の両陛下への敬愛の念を実感して胸が熱くなった」

とする声もあった。

   天皇陛下の「お気持ち」表明からわずか1週間後の「お言葉」だっただけに、例年と比べて特別な思いで「お言葉」を受け止めた人も多そうだ。

2013年の「主権回復の日」では「万歳」に苦言も

   13年4月28日に東京・永田町の憲政記念館で行われた政府主催の「主権回復の日」の式典でも、似たような場面があった。天皇皇后両陛下の退席時に、やはり参列者から「天皇陛下万歳」の声があがり、安倍晋三首相や自民党議員も呼応する形で「万歳」を唱えた。この時は、特に天皇陛下は「万歳」に反応することなく式場を退出している。

   4月28日は、1952年にサンフランシスコ講和条約が発効し、日本が連合国の占領から脱して独立した日だ。一方、72年の返還まで日本の主権から切り離されることになった沖縄にとっては4月28日は「屈辱の日」だと受け止められている。

   公明党の山口那津男代表は、この「主権回復の日」が、国民主権の中で日本の独立が認められた日だと指摘した上で、「その意義を十分に踏まえた行動だったのか」と「万歳」に不快感を示した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中