レスリング・吉田の号泣にミッツが「異論」 「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった」

印刷

   リオデジャネイロ五輪のレスリング53キロ級決勝戦で敗れ、惜しくもオリンピック4連覇に届かなかった吉田沙保里選手。試合後のインタビューでは号泣しながら、「ごめんなさい」を繰り返した。

   試合の行方を見守っていた多くの人々から「自分を責めて苦しまないでほしい」「胸をはって帰ってきてほしい」と温かい言葉が寄せられた。そんな中、テレビ番組のあるコメンテーターが言い放った「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった」という「辛口」コメントが、話題を集めている。

  • この号泣に「異議あり」(写真:Enrico Calderoni/アフロスポーツ)
    この号泣に「異議あり」(写真:Enrico Calderoni/アフロスポーツ)

中尾ミエは「もう涙は似合わないし、見せて欲しくない」

   「しらける」発言が飛び出したのは、2016年8月19日放送の情報番組「5時に夢中!」(TOKYO MX)。

   番組中で吉田選手の試合映像が流れると、まず、キャスターのふかわりょうさんが「(「ごめんなさい」という)言葉の裏にはいろんな思いが...」と吉田選手の心情を察するように語った。

   しかし、これに対し、コメンテーターでタレントのミッツ・マングローブさんが「ふかわさんって心の綺麗な方なのね」と返し、「しらけちゃって、一粒も涙が出なかった」と振り返った。ただ、「しらけた」詳しい理由について、ミッツさんは明かしていない。

   また、番組で共演した歌手・女優の中尾ミエさんも「やることはすべてやったんだし。本当に悔しいと思うなら、まだやればいいし、もう無理と思ったら潔くやめればいいんだし」「もう涙は似合わないし、見せて欲しくない」とやや「辛口」に、さばさばと語った。

   吉田選手の号泣インタビューに関しては、ツイッター上で

「よくやった、お疲れ様」
「自分を責めて苦しまないでほしい」
「胸をはって帰ってきてほしい」

といった好意的な声が多く、ミッツさんの「しらける」発言には

「ちょっと違うんじゃないか」
「シラケたコメント」

などと疑問の声が寄せられている。

(8月20日23時追記)

   ミッツさんは20日、「ひねくれ者の失態です」と題してブログを更新。

「これは、非難されてしかるべき発言だと思います。申し訳ありませんでした。誤解を生む・生まないとか、真意として、何に対して『シラけた』かを弁解する以前に、表現が稚拙で、無粋で、失礼です」

などと発言を陳謝している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中