乙武洋匡氏、離婚を発表 「なぜいま?」

印刷

    作家の乙武洋匡氏(40)が2016年9月14日夜、妻の仁美さんと離婚が成立したと発表した。乙武氏は16年3月に複数の女性との不倫関係を報じられたが、4月の誕生会では仁美夫人が洋匡氏を激励。その後、離婚は回避されたとの見方が広がっていた。そういった中での関係の破綻だった。

  • 乙武氏は「誕生会」の開催で波紋を広げていた
    乙武氏は「誕生会」の開催で波紋を広げていた

「今回の決断が家族それぞれにとって最善との結論に至りました」

   乙武洋匡氏は

「私自身に至らない点が多々あったにも関わらず、15年という長い歳月、家族のために尽くしてくれた彼女には感謝の念が尽きません」

などと関係の修復に至らなかったことを説明。

「夫婦としては別々の道を歩むことになりましたが、子どもたちの父親であることには変わりありません。今後も彼らに恥じぬよう、父親としての責任をしっかり果たしていく所存です。日頃より応援してくださる皆様には大変心苦しいご報告となってしまいましたが、夫婦で話し合った結果、今回の決断が家族それぞれにとって最善との結論に至りました」

などとした。

   ネット上では、なぜいまという驚きのほか、仁美さんをいたわる声も相次いでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中