JASRACへの排除措置命令が確定 「問題状況は解消されつつある」

印刷

   テレビやラジオで使う楽曲の使用料徴収の方法が独占禁止法違反(私的独占)に当たるとして公正取引委員会から排除措置命令を受けた日本音楽著作権協会(JASRAC)は、命令取り消しを求める審判請求を2016年9月9日付で取り下げたと、14日に発表した。JASRACは「排除措置命令が問題とした状況は、すでに事実上解消されつつある」としている。

   問題視されたのは、JASRACとテレビ局やラジオ局が結んでいる「包括契約」。この契約は放送事業収入の1.5%を払う代わりに、JASRACが管理する楽曲を自由に使える。この包括契約をめぐっては、公取委が2009年に「排除措置命令」を出したが、JASRACの不服申し立てが認められ、2012年に排除措置命令を取り消した。

   この審決について、JASRACの競争相手で、1曲ごとに徴収する方式の著作権管理会社のイーライセンス(現NexTone)が取り消しを求めて提訴。1審の東京高裁は2013年11月にJASRACの参入妨害を認めて審決を取り消す判決を出したが、公取委とJASRACが最高裁に上告。2015年、最高裁で審決の取り消しが確定し、改めて公取委で審判が行われていた。この間に、使用料の徴収方法が見直された。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中