家庭にもある「界面活性剤」で死亡 そんなに危険なもの?「点滴」だから?

印刷

   横浜市神奈川区の大口病院で入院患者が中毒死した殺人事件で、点滴には「界面活性剤」が混入していたと報じられている。消毒液や洗剤の成分になっており、日常的に使われるものだけに、ネット上でも不安の声が漏れている。

「目に入れば失明の可能性があり、体内に入れば細胞に毒性が働いて大変危険です。それを点滴に入れるなんて、ありえないですね」
  • 点滴に注目が集まっている(写真はイメージ)
    点滴に注目が集まっている(写真はイメージ)

タンパク質を変性させて破壊する作用が

   首都大学東京の廣田耕志教授(細胞生物学)は2016年9月27日、J-CASTニュースの取材に対し、界面活性剤についてこう解説した。

   報道によると、大口病院の4階で20日未明に死亡した男性患者(88)のほか、2日前に死亡した別の男性患者(88)も点滴に界面活性剤が混入していたことが分かった。病院のスタッフが少なくなる17日からの3連休中に混入したとみられている。

   病院で使われている消毒液に同じ成分が含まれており、抜き取られた形跡もあったという。点滴には、注射器を使ってゴム栓部分から注入された疑いが持たれており、中の液体が泡立っていたとの証言も出ている。ツイッター上などでトラブルの告発があった7月から4階の入院患者が次々に亡くなっていたとの報道も一部であるが、事件との関わりはまだ分かっていない。

   界面活性剤とは、物質と物質の「境界面」で働き、その性質を変化させるものを指す。本来混ざり合わない水と油を混ざりやすくするため、家庭用の洗剤にも使われている。また、細菌のタンパク質を変性させて殺す消毒作用もあるため、病院などで消毒液として置いてあることも多い。

   読売新聞の26日付記事によると、混入された界面活性剤は「逆性せっけん」であることも分かった。

10%含む液体を飲むと、25~250ミリリットルで致死量

   逆性とは、洗浄作用が強い陰イオンを持つ通常のせっけんとは逆の陽イオンを持つことを指す。陽イオンは殺菌作用が強く、消毒液の主成分として使われている。

   日本中毒情報センターのホームページを見ると、陽イオン系界面活性剤の説明があり、容器を振ったりすると強く泡立ち、誤飲するとまず嘔吐や下痢などの中毒症状が出るとあった。その成分を10%含む液体を飲むと、25~250ミリリットルで致死量になるそうだ。

   前出の廣田耕志教授は、界面活性剤を点滴に入れることについてこう話す。

「一般的に考えると、飲むよりも危険と言えます。飲んで吐くようなことができないからです。体内に取り込まれれば、毒性が強いので、細胞の膜を溶かしてしまいます。さらに、強い変性がある界面活性剤なら、タンパク質と相互作用してその機能を失わせることになります。最悪の場合は、死に至ることも十分ありえるでしょう」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中