太田市職員がウソの記者会見をしてしまった一部始終 上毛、朝日両紙は「誤報」で謝罪

印刷

   「パリで行われた格闘技ゲームの世界大会で、市の臨時職員が優勝した」―――群馬県太田市は2016年9月26日に記者発表し、地元紙の上毛新聞、朝日新聞が記事にした。

   上毛新聞は大きなカラー写真を掲載しその功績を讃えたが、その臨時職員、大会出場どころかフランスにも行っていないという大嘘だった。2紙は、記者発表で明らかにされたものであるとはいえ、紙面の信頼を失う結果になったと謝罪し記事を削除したが、どうしてこうしたばかげた事になったのか。J-CASTニュースは一部始終を取材した。

  • 「報道は事実無根だったことが分かりました」上毛新聞がHPに謝罪文を掲載(写真は同紙HPのスクリーンショット)
    「報道は事実無根だったことが分かりました」上毛新聞がHPに謝罪文を掲載(写真は同紙HPのスクリーンショット)

「世界を獲ったら祝勝会だな!場所は予約しておくよ!」

   16年9月27日付けの上毛新聞によれば、男性職員(23)は20日、21日にフランス・パリで開かれた総合ゲームイベント「オータムスタンフェスト2016」に出場し、格闘ゲーム「ギルティギア」のトーナメントで2回戦敗退したものの敗者復活戦で勝ち上がり、各国の愛好家約100人の頂点に立つ初優勝を成し遂げた。サブイベントの格闘ゲーム「ブレイブルー」では無敗で優勝した。「ゲームはあくまでも趣味」であり、目標は正式な公務員になること、と抱負を語った、と書いている。しかし、ゲーム大会そのものも含めて真っ赤なウソだった。

   J-CASTニュースが16年9月28日に男が勤務する同市の商業観光課に取材すると「事件」のあらましはこんな具合だった。男はゲーム愛好家として知られパソコンにも強く、市のイベントを担当する同部署にとっては力強い存在で評判も良かった。部署内では若手同士でゲーム大会の話で盛り上がることもあった。

   16年9月中旬に男は休暇願を提出する。理由は「私用のため」だったが、部署内ではピンと来るものがあったのだという。

「行くんだな!?」
「行ってきます!」

   そんなやり取りが行われた。ゲームの世界大会出場を疑う者はいなかった。男が申請した休暇は9月16日午後から23日まで。この間、男のフェイスブックにはフランスやドイツを旅しているような街並みや食べ物の写真を掲載し、19日には、

「今日でドイツとはお別れ!!これからフランスへ!楽しかったDanke schon!!」

などと報告した。フェイスブックでは市役所の同僚や上司との交流をしていて、

「世界を獲ったら祝勝会だな!場所は予約しておくよ!費用はもちろん賞金でね笑」
「世界をとっても、ちゃんと帰って来るのだよ」

などのメッセージを受け取っている。そして21日、

「さーていっちょとってきますか。世界を」

   そして22日、

「獲りました」

と報告した。男の上司は喜んで、

「それは、それはおめでとうございます。帰ったら祝勝会ですね」

と労った。男が休日中の23日になぜか商業観光課に立ち寄っていて、部署内で大きな祝福を受けた。

ちやほやされ、優越感に浸りすぎて、退くに引けなくなった

   この男の栄光は市にとっても名誉なことであり、もっと広く知ってもらったほうがいいと考えた。商業観光課を束ねる産業環境部の部長はかつて広報課の課長であり地元のメディアをよく知っている。そこで26日に行われる市長の定例記者会見が使えないかと考えた。会見が終了した後に、

「市にとって嬉しい出来事があった。興味のある方はこの後の説明会に参加してください」

と呼び掛けた。集まったのは7媒体ほどの記者たちだった。事前に男に記者発表をする趣旨を伝えていて、男は説明資料を用意してきた。昼休みを利用して行われた発表で男は、

「勝ちは偶然、負けは当然の世界。運が良かったのも大きいが、うれしい」

などと約1時間に渡って優勝の喜びを語ると共に質疑応答に応じた。

   これを27日付けの記事にしたのが上毛新聞と朝日新聞で、上毛新聞はゲーム機のコントローラを持ち笑顔を見せる男の大きなカラー写真を掲載。朝日新聞は地方版の小さな扱いだった。しかし、この記事でウソがばれる。

   上毛新聞は記事をウエブでも配信した。それを見たゲームファンが同紙に、

「そんなゲーム大会は存在しない」

とクレームを入れたのだ。あわてた上毛新聞は市の担当者に連絡し、職員は事情聴取を受けることになった。その答えは、

「フランスには行っていない」

だった。27日になって上毛新聞と朝日新聞は記事を削除し、

「記者会見で明らかにされた内容とはいえ、報道に際しての確認作業が不十分で、紙面の信頼を損なう結果となりました」(上毛新聞)

などとお詫びを掲載することになった。

   男性職員は、どうしてこんなウソを付くことになったのか。市の担当者は、

「みんなに凄いね、凄いねと祝福され、ちやほやされ優越感に浸りすぎて、退くに引けなくなったのではないでしょうか。市としても、全く疑うことなく中身を確認せずに情報提供をしてしまいました。本当に申し訳なく思っております」

と謝罪していた。

   記者発表を決めたのも男は仕事のスキルが高く皆に好かれていたため、臨時職員ではなく正規の職に就ける後押しができないかと考え、自己アピールの場にさせようとしたのだが、裏切られた、と残念そうだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中