長谷川豊氏、東京MX「続投」の波紋 ろくでなし子氏は「西原氏降板」と比較

印刷

   元フジテレビアナウンサーの長谷川豊さんが2016年10月3日夜、自身がMCを務める「バラいろダンディ」(TOKYO MX)に出演し、物議を醸していた「人工透析ブログ」について謝罪した。

   ブログをめぐっては、すでに一部テレビ局が長谷川さんの降板を発表しており、残されたTOKYO MXの対応に注目が集まっていた。3日の放送では番組冒頭の謝罪後、通常通り番組がスタート。結果的に「続投」となった形だ。

  • 長谷川豊さん(2016年9月撮影)
    長谷川豊さん(2016年9月撮影)

約1分20秒の謝罪で4回頭下げる

   長谷川さんは神妙な面持ちでカメラの前に立ち、自身のブログに掲載した人工透析患者にまつわる記事について、「大変多くの方々に多大なるご迷惑をおかけしております。大変申し訳ございませんでした」と述べた。続けて、

「特に今現在人工透析の治療を受けていらっしゃる患者の方々、その方々を支えていらっしゃるご家族の皆様方、関係者の方々を深く傷つける表現をしてしまったことは全面的に私のミスです」

として、患者やその家族に対して謝罪。騒動によって迷惑をかけた関係各所にもお詫びし、今後は「慎重かつ責任ある言動」を十分に心がけていくとした。約1分20秒の間に計4回頭を下げた。

   その後、番組は通常通りスタート。番組側としては今回の謝罪で「みそぎ」は済んだということのようだ。放送を受けネットでは、「これで幕引きにしていいの?」「放送免許取り上げたい」といった疑問や批判も寄せられていた。同番組の続投に対し、特に驚かない、といった反応もあった。

   「女性器アート」でおなじみ、ろくでなし子さんは3日夜、「長谷川豊さんのあの発言は笑って許されMX降板もなく、サイバラ先生は『まんこ』って言っただけで降板って、降板の基準がわからんちん」「だからって厳罰求めてる訳じゃないけどさ。不公平だよなぁ」とツイートした。

   「サイバラ先生」とは、以前MXの「5時に夢中!」に出演していた漫画家・西原理恵子さんのことだ。西原さん本人のブログによれば、2012年3月15日放送回での「まんこ」発言が問題視され、降板になったという。

バラダン放送中でも「殺せ、って言ったら燃えた」

   長谷川さんは16年9月19日、「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ!無理だと泣くならそのまま殺せ!」と題したブログ記事(のちにタイトル変更)を掲載し、物議を醸した。翌日20日放送の「バラいろダンディ」では、「日本の保険料の払い方がずさんでしょっていうことで、自堕落な生活で人工透析やってる連中なんか全員殺せ、って言ったら燃えたんですよ!」とも語っていた。

   テレビ大阪は29日、ニュース番組「ニュースリアルFRIDAY」のキャスターから長谷川さんを降板させたことを発表。10月1日に更新された長谷川さんのブログによれば、パネリスト出演していた読売テレビの「上沼・高田のクギズケ!」からも降板になったという。10月4日には、声優を務める予定だったショートアニメ「ぺペペペン議員」(テレビ大阪)への出演がなくなったこともアニメ公式ページで発表された。

   また、ブログとの関連は不明だが、メインMCを務めていたTOKYO MXの「未来展望~百年の計~」は9月26日の放送をもって終了している。長谷川さんの公式サイトを見る限り、現時点での地上波レギュラー出演は「バラいろダンディ」だけのようだ。

   J-CASTニュースは10月4日昼、TOKYO MXに取材を申し込み、(1)長谷川さんが書いた人工透析ブログに対する局としての見解(2)ブログ騒動後も起用している理由などについて質問したが、18時時点で返答はない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中