ノーベル文学賞にボブ・ディラン 日本人で1番受賞近いのは「村上春樹ではなく谷村新司」?

印刷

   アメリカのミュージシャンで作詞家のボブ・ディラン氏(75)が2016年のノーベル文学賞の受賞者に選ばれた。

   2016年10月13日、スウェーデンのノーベル財団が発表した。授賞式は12月10日、ストックホルムである。

  • ボブ・ディラン氏のアルバム「追憶のハイウェイ61」(1965年)
    ボブ・ディラン氏のアルバム「追憶のハイウェイ61」(1965年)

「風に吹かれて」「ライク・ア・ローリング・ストーン」

「偉大な米国の歌の伝統の中に、新たな詩的表現を創造した(for having created new poetic expressions within the great American song tradition)」

   スウェーデン王立科学アカデミーのリリースによると、受賞理由はそう記されている。

   ボブ・ディラン氏は1941年、米ミネソタ州ドゥルースの生まれ。「風に吹かれて」「ライク・ア・ローリング・ストーン」などの楽曲で知られ、グラミー賞やアカデミー賞など数々の賞を受賞してきた。公民権運動やベトナム戦争期に時代を切り取る音楽を世に送り出し、フォークとロックのシンガーとしての地位を確立した。2016年現在まで、精力的なライブ活動を行っている。来日公演も何度も行っている。

   2008年には「卓越した詩の力による作詞がポピュラー・ミュージックとアメリカ文化に大きな影響与えた」としてピューリッツァー賞特別賞を受賞。過去にも、ノーベル文学賞の候補に名前を挙げられてきた。

   ボブ・ディラン氏受賞の報道が流れると、ツイッターでは、

「激アツじゃないですか??」

などと喜ぶ人の声が寄せられた。また、テレビのニュースで知った「母」が、

「ボブ・ディラン?ボブ?あの?ボブ・ディランなの?」

と驚いていた、という報告も見受けられた。

   「歌詞」が評価された事を受け、日本の作詞家・ミュージシャンにノーベル文学賞受賞を期待する人もおり、

「ボブ・ディランがとったんだから、さだまさしワンチャン(ス)ある」
「ボブ・ディランの受賞に、さだまさしが続きますように」
「ボブ・ディランがノーベル賞もらえるんなら、もしかしたら日本人でノーベル文学賞に1番近いのは村上春樹ではなく、谷村新司なのではないだろうか」

といった声を寄せていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中