JR高崎線、始発から完全ストップ 通信トラブル続発の大混乱

印刷

   JR高崎線で2016年11月4日早朝、信号の通信ネットワークの故障が起き、始発から同線の東京駅-高崎駅の上下線と、高崎線と東海道線をつなぐ湘南新宿ラインの上下線で始発から運転見合わせが続いている。正午現在、いずれも復旧の見通しはたっていない。

   当初は午前中の復旧を見込んでいたが、11時30分頃に新たな不具合が見つかり、運転再開の見通しが立たなくなった。早朝の通勤ラッシュをトラブルが直撃したことで大混乱が続いているが、復旧の見通しが立たなくなったことで、高崎線利用者からは「引き続き自宅警備しておくかな」といったあきらめムードがただよっている。

  • 「新たな故障個所発見」の知らせに落胆の声が広がった(写真はJR東日本の運行情報)
    「新たな故障個所発見」の知らせに落胆の声が広がった(写真はJR東日本の運行情報)

「新たな故障個所が発見されたため、運転再開見込みはたっていません」

   ネットワークの霜害は11月4日早朝4時32分頃に発生。東京総合司令室などで、高崎線の上尾駅と神保原駅間を走る列車の運行状況が表示されなくなった。後に、北上尾駅の信号通信ケーブルが損傷していたのが見つかった。

   早朝の運転見合わせに、首都圏の通勤・通学の足は大混乱。上尾駅では入場規制が行われ、大宮駅などに向かう振替輸送のバスを待つ人たちの長い列ができた。高崎や本庄早稲田、熊谷の各駅では特急券がなくても上越新幹線に乗車できる振替輸送が行われている。当初は午前中にも復旧するとみられていたが、11時30分頃にはJRの運行状況に

「新たな故障個所が発見されたため、運転再開見込みはたっていません」

という文字が加わり、利用者には

「高崎線が動いてないので今日は学校行けません」

などと落胆が広がった。

   高崎線では、16年3月15日早朝にも籠原駅(埼玉県熊谷市)構内で送電設備から出火するトラブルがあったばかり。めずらしく上越新幹線の振替輸送が行われたとして話題になった。


(2016年11月4日17時30分追記)
   高崎線は15時頃、全線で運転を再開した。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中