おでんは、ご飯のおかずか 渡辺美奈代ブログきっかけに賛否話題

印刷

   おでんがご飯のおかずになるかについて、タレントの渡辺美奈代さん(47)のブログ記事をきっかけに、ネット掲示板などで論議になっている。

   渡辺美奈代さんは、ブログで食卓の話などを盛んにつづっており、2016年11月4日に「今夜はおでん」と話題を切り出した。

  • ブログきっかけにネット論議に
    ブログきっかけにネット論議に

「主人はスープみたい派 私と子供達はおかず派」

   渡辺さん宅では、いつも論争になっていることとして、次のように告白した。

「主人はおでんはおかずにならない スープみたいなもの派 私と子供達はおかずになる派」
「なので... 夕食には ポークソテーとチキンステーキも作りました」

   つまり、渡辺さんは、愛する夫のために、わざわざ別の「おかず」を用意したというわけだ。

   このブログ内容が一部で報じられたこともあって、そのコメント欄や2ちゃんねるでは、おでんがご飯のおかずになるかについて話題になり、賛否両論が出ている。

   おかずになるとする賛成派としては、「子供の頃から母がそうしていたから結婚した今でも当たり前の様におでんとご飯食べています」「おでんは、おかずになる派です!関西はお好み焼きをおかずにしてご飯食べるのと同じかな?」といった声が出た。

   一方、おかずにならない反対派からは、「ご飯が欲しくなる味ではない もうちょっと濃いめの煮物じゃないとな」「おでんの日はご飯無しで お腹いっぱいおでんを食すのみ(笑)」などと書き込まれている。

   もっとも、渡辺さん宅と同じだと告白する人もいた。「我が家でもおでんは『煮物の一つ』派と『鍋料理』派に分かれます」「我が家は私と主人は、おでんはおかずになるのですが三人娘の長女と三女は、ご飯のおかずにはならないらしく、おでんのみ食べます」といい、家族それぞれの好みに配慮するのに苦労している様子だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中