「恩をアダで返してきた人を助けてはいけない」 江川達也の「韓国論」ネットで話題

印刷

   「恩をアダで返してきた人を助けてはいけない。助ければ助けるほど攻撃してくる」。漫画家の江川達也さん(55)のフェイスブック(FB)上での発言が波紋を呼んでいる。

   韓国について語ったもので、日本と韓国の近代史を小学生からきちんと教えなければ日本はアウトになるし、いつまでも恩が仇で返されることになる、と説明しているのだ。

  • 「近現代史が全く検証されてないからいつまでも恩がアダで返される」(写真は江川さんのフェイスブックのスクリーンショット)
    「近現代史が全く検証されてないからいつまでも恩がアダで返される」(写真は江川さんのフェイスブックのスクリーンショット)

学校は試験問題に韓国と日本の近代史を

   どうして江川さんがこうしたことを2016年11月17日にFBで語ったのか。主張の下に貼られたリンク先であるまとめブログ「正義の見方」に回答がある。そこでは、CS放送の番組「真相深入り! 虎ノ門ニュース」(16年11月14日配信)に出演した青山繁晴参議院議員(65)の発言をまとめていたからだ。

   青山議員は、安倍内閣が韓国の求めに応じて通貨スワップ協定を結ぼうとしているが、なぜ結ぶかについて財務省も外務省も「恩を売っておくんです」と言っているが、今まで恩を売って返ってきたのが「仇」ばかりで、いずれつぶれゆく韓国ウォンをただ支えてあげるだけのスワップは、日本の円の価値をただおとしめるだけ、と語った。青山議員は、続けて「従軍慰安婦問題も進展せず、韓国で発行している英字新聞では慰安婦像を新たに建立したと一面トップで報道している。同じ新聞には日韓秘密情報保護協定(GSOMIA)について、中国とも結ぶと書いている。そんなことをされたら韓国をトンネルにして日本の潜水艦技術が垂れ流しになる」などと説明した。

   江川さんはこれを受けたFBで、

「恩をアダで返してきた人を助けてはいけない。助ければ助けるほど攻撃してくる。むしろ、攻撃すると攻撃が減る。小学生のころから教えるべきこと」

との自論を投稿した。学校教育については、特に日本のエリートを輩出する学校に関し、試験問題に韓国と日本の近代史を入れなければならないと主張した。そうしなければならない理由は、韓国は嘘の歴史教育をしており、それを基に日本を攻撃していることや、日本に依存しながら攻撃している事を知るためであり、そうしなければ、

「日本はアウトになってしまう」

とした。そして「近現代史が全く検証されてないため、いつまでも恩がアダで返されることになる」と結んだ。この他にも朝日新聞や、東大、京大など大学の在り方についても書いている。

「先に恩を仇で返したのは日本の方だろ」

   江川さんの主張にネット上では議論が白熱している。まとめサイトなどでは、

「よくぞ言ってくれた」
    「江川がマンガにして出版してくれ」

などと、江川氏を称賛する意見が目立っている。

   一方で、ネット掲示板では、

「結局、日本の側に問題がある。けじめをつけないから韓国は『それでいいんだ』と相変わらず増長してくる。毅然とした態度をとれない日本が変わらないと韓国も変われない」
    「恩を受けた時点でそれは当然の事と見なされ、それだけ韓国に徳があったからなのだ、韓国は偉いのだ、日本は韓国より下なのだという解釈になってしまう。これは反日とはまた別の問題」
    「先に恩を仇で返したのは日本の方だろ。朝鮮人が文化や技術を伝えたのに」

などといったことが書き込まれている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中