電車のつり革、素手で触れない 「不衛生だからムリ」派急増

印刷

   電車やバスのつり革は「不潔だからつかめない!」――。そんな悲痛な叫びをきっかけに生まれたアイデア商品が、発売から3か月で2000個以上を売り上げている。それだけ、つり革を「不衛生」と感じる人が多いということだ。

   事実、インターネット上には「手袋なしではつり革つかめない」「汚いから触らない」といった投稿が毎日のように寄せられている。

  • 電車のつり革「触れない」の声相次ぐ
    電車のつり革「触れない」の声相次ぐ
  • 2000個以上を売り上げた「GripPon(グリッポン)」
    2000個以上を売り上げた「GripPon(グリッポン)」

つり革「触りたくない」女性は5割超?

   いま注目を集めているアイデア商品とは、つり革専用の携帯グリップ「GripPon(グリッポン)」だ。手とつり革の間に挟み込むだけで「素手でつり革をふれなくて済む」というシロモノで、素材には抗菌材を練り込んだ樹脂を使用している。

   開発したのは、樹脂製品を扱う創考テクノ(神奈川県座間市)。希望小売価格は700円(税別)だ。2016年7月の発売から3か月で2000個以上を売り上げるなど、若者層を中心に徐々に評判を広げている。

   商品を考案・開発した創考テクノの代表取締役社長は11月18日のJ-CASTニュースの取材に、

「以前、電車に乗っているときに、つり革を掴まなかったために転んでしまった女性がいました。彼女に『なぜつかまないのか?』と聞いたんですが、その答えが『汚いから触りたくない』だったんですよ」

と話す。こうしたエピソードが、社長が「グリッポン」を開発するきっかけになったという。

   実際、開発にあたって普段電車を利用する500人以上の女性にアンケートをとったところ、半分以上が「危ないからつり革を掴みたいが、できれば触りたくない」と回答。さらに、全体の3割近くの女性は、

「つり革は絶対につかまない」

と答えたという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中