ロンブー淳が高齢ドライバー制限論 「正論ですね」と賛同相次ぐ

印刷

   高齢者ドライバーの自動車運転免許返納問題をめぐって、お笑いコンビ「ロンドンブーツ1号2号」の田村淳さんが「何歳までなら運転しても良いという理屈が必要」と主張した。

   高齢者ドライバーについては、相次ぐ事故を理由に「運転免許を返納すべき」との声が高まっている。淳さんは、日本では18歳まで免許取得を認められていないこととからめ、そうした状況に疑問を投げかけた。

  • 淳さんが大胆主張(画像は当該ツイートのスクリーンショット)
    淳さんが大胆主張(画像は当該ツイートのスクリーンショット)

「18歳まで運転してはいけないという理屈があるのなら...

   ここ最近、高齢者ドライバーによる事故が相次いでいる。16年11月12日には東京都立川市で、83歳女性の乗る車が30代の男女2人をはねて死亡させた。事故を受け、ネット上では「免許返納論」が湧き上がっていた。

   そんな背景もあるのか、淳さんは22日未明、

「18歳まで運転してはいけないという理屈があるのなら 何歳までなら運転しても良いという理屈が必要だ」

とツイートした。

   これに、

「正論ですね」
「本当にそう思います」

と賛同の声が相次いでいる。

   一方、農村部における交通手段の少なさから、

「免許を取られたら仕事と生活を失うのと同じ」
「地方の改善が必要なのではないですか?」

といった反論も少なくない。また、年齢ではなく、運転技術や認知能力によって判断されるべき、との主張もみられる。

   淳さんは、18日にも自身の出演する情報番組との連動企画で

「全国で相次ぐ高齢者ドライバーによる交通事故。沖縄県内の75歳以上の運転者による人身事故が2015年は272件発生し、10年前に比べて約2倍に増えていることが県警のまとめで分かりました」

とツイートし、本件に対する関心の高さを示した。

   このときは、ワンクリック投票を実施(すでに投票締切)。「高齢者は免許返納すべき」「高齢者は定期的に運転技術を試験するべき」「高齢者ドライバーも自由に運転してもいい」という3つの投票先で、最も得票数を集めたのは「高齢者は定期的に運転技術を試験するべき」だった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中