BABYMETAL紅白落選は正解 ファン「ほっとした」

印刷

   初出場アーティストの増加、大御所の落選が目立った2016年の紅白歌合戦。出場者発表は、各アーティストのファンの明暗を分けた。

   「メタルとダンスの融合」を掲げて海外でブレイクしたダンスユニット「BABYMETAL」(ベビメタ)は、出場を確実視されながら落選したグル―プの1つだ。しかし、ファンの多くは意外にも「ほっとした」「出なくてよかった」と安堵している。

  • 紅白には合わない?(BABYMETAL公式サイトより)
    紅白には合わない?(BABYMETAL公式サイトより)

話題性や実績は十分だったが...

   BABYMETALをめぐっては、「アイドルユニットでありながら高い音楽性も人気で、日本と海外の懸け橋になる」(16年10月19日付け「週刊女性PRIME」)、「今回、はじめて出演するのではと話題になっている」(11月14日付け「リアルライブ」)と、紅白出場を予想する報道が少なくなかった。

   確かに、4月1日リリースのセカンドアルバム「METAL RESISTANCE」が日本人としては故・坂本九さん以来、53年ぶりにアメリカ・ビルボード誌の総合アルバムチャートでトップ40にランクインするなど、話題性、実績は十分だった。

   しかし、11月24日に発表された出場歌手一覧にその名前はなく、惜しくも「落選」。リアルライブの同日付け記事は「声がかかったものの辞退したとしか考えられない」といった識者の声を伝えている。予想外の結果は各方面に衝撃を与えていた。

老若男女が見る紅白にはふさわしくない

   しかし、ベビメタファンの反応は冷めていた。出場歌手発表後のツイッターでは

「紅白に出てもプラスにはならない」
「ファンとして良かったと思う」
「逆に正解かも」
「出なくてよかった」
「落選ほっとした」

と安堵の声が相次いでいる。背景に、BABYMETALは紅白のイメージと合わない、というファン内部の認識があるようだ。

   楽曲は激しい曲調のヘヴィーメタルで、衣装も魔女や悪魔をイメージした派手なもの。老若男女が見る紅白にはふさわしくない。そうした声は少なくない。

   ともあれ、BABYMETALは12月頭から、アメリカの人気ロックバンド「RED HOT CHILI PEPPERS」(レッチリ)のイギリスツアーにスペシャルゲストとして帯同することが決まっている。

   ツイッターを見る限り、ファンの関心は今のところ、「紅白」よりそちらである。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中