ファブリーズ「くさや」CM、批判で放送差し替え 対決映像に産地から苦情

印刷

   日本一くさい食べ物とされる伊豆諸島の特産品「くさや」と対決する――こううたった消臭剤「ファブリーズ」のテレビCMに苦情が出て、ファブリーズの製造元P&GがCMの差し替えを決める騒ぎになっている。

   新鮮なムロアジなどを独特の「くさや液」に浸して干物にしたのが「くさや」だ。一説では、新島で生まれ、八丈島などに伝わったともされている。

  • CMの内容がネット上でも論議に
    CMの内容がネット上でも論議に

P&G「伝統食に対する敬意が足りなかった」

   P&Gの広報部によると、「ファブリーズ VS くさや」のCMは2015年春ごろからユーチューブにアップしていた。それが分かりやすいと好評だったため、穏やかな表現に変えて、16年11月14日からテレビでもCMを流した。

   「う~ん、何これ?」「う~ん、くっさい!」。若い女性2人がくさやのビンが中に置かれた透明なケースの穴から次々に臭いをかぎ、こんな声を上げて顔をしかめる。ところが、ファブリーズを中に置くと、女性の1人が「あ、凄い! 臭わないです。凄い」と感心して、テロップに「ファブリーズの勝利!!」などと表示されるというものだ。

   しかし、11月24日ごろになって、P&Gのお客様相談室に苦情や批判の電話などが入るようになった。翌日までに14件を数え、うち8件がくさや生産地の地元だと伝えてきた。その内容としては、くさやの臭い面だけを取り上げて、そのおいしさなども伝えないのはかたよっているというものが多かったという。

   一部の地元議員も、フェイスブックなどでテレビCMを批判して、地元の人の抗議について伝えており、生産地でもCMを不快に思う人は実際にいるようだ。

   P&Gでは25日、社内で検討した結果、「不愉快に思っている人がおり、しっかり対応しないといけない」として、テレビCMをいったん中止することを決め、ユーチューブのCMは削除した。苦情などを入れた人のうち連絡が取れるケースでは、その結果を報告したうえでCMの内容について謝罪した。

   28日には、ファブリーズの公式サイト上でお詫び文を掲載した。そこでは、テレビCMに「配慮の欠けた内容があった」として、東京都内では12月1日から、全国では5日から別のCMに差し替えるとしている。

「臭くても食べ物」「いや認知度高まる」と賛否両論

   ファブリーズのCMが物議を醸していることを11月25日の夕刊紙が報じると、ニュースのコメント欄などでは、CMの内容に賛否が分かれる議論になった。

   疑問や批判としては、「臭くても食べ物だからな」「カメムシくらいにしとけば問題なかったのに」「最後をみんなでうまそうにくさや食うシーンにすれば良かった」といった声が出た。

   一方で、「なんでそんなに怒るのか」「そのくささが売りなんじゃないの?」「くさや食べたいって思わせるチャンスだと思うのだが」と、むしろCMがくさやの認知度アップにつながるとする意見も多い。

   P&Gの広報部では、28日のJ-CASTニュースの取材に対し、「分かりやすさを追求するあまり、表現が行き過ぎてしまい、伝統食に対する敬意が足りなかったと考えています」と話す。

   苦情を入れた人からアドバイスを受けて、26日に東京・池袋で開かれた離島イベントでくさやの生産者と会い、CMについて意見を聞いた。そこでは、「くさやの認知度アップになった」という声もあり、おいしさもCMに盛り込んではどうかなどと建設的な提案も受けたという。そこで、CMについて、適切な表現を考えたうえで、作り替えたものを再度流すことも検討していると明かした。

   ただ、怒りの声が出たことを重く受け止めているとして、くさや対決のCMをこのまま打ち切る可能性もあるとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中