シャドウバース大会、賞金消えて優勝者激怒 サイバーエージェント「不手際あった」と謝罪

印刷

   スマホなどを使うカードバトルゲーム「シャドウバース」の大会で、事前に告知していた内容と違うと優勝者らが激怒し、主催者のサイバーエージェント側が謝罪する騒ぎになっている。

   運営する動画配信サイトの名前を取ったゲーム大会「FRESH!杯」は、2016年11月26、27日に初めて開かれた。

  • 全試合を生放送と告知していたが…(「GAMY」サイトから)
    全試合を生放送と告知していたが…(「GAMY」サイトから)

「賞金10万円(検討中)」の表記が突然なくなる

   17日の告知時点では、「賞金10万円(検討中)」などとされ、サイト上の告知記事では、「大会の様子は全試合FRESH!で生放送致します」とうたってあった。

   ところが、その後に、賞金の表記はなくなり、動画配信サイトでは、A・B両ブロックの試合のうち優勝者のいたBブロックは放送されなかった。これに対し、優勝した男性が大会後の28日、「心底バカにされた」とブログで訴えた。

   この男性によると、参加者に断りなく賞金が突然なくなり、Bブロックを放送しないことについては、スタッフから「配信機材のトラブル」と当日になって説明されたという。主催者が賞金を検討中としたのは参加者を集めるための方便に過ぎず、Aブロックだけ放送されたのはゲームファンらに人気のある参加者が集められたためではないかと男性は不信を募らせており、「結果としては優勝しましたが、嬉しくはありません」と憤っている。

   これに対し、サイバーエージェント側は、運営するサイト「GAMY」上で28日、騒ぎの経緯を説明した上で参加者らに迷惑をかけたと謝罪した。

景品表示法の観点から「賞金はダメ」と判断

   サイバーエージェントによると、賞金については、消費者庁や弁護士に問い合わせた結果、告知翌日の11月18日になって、景品表示法の観点から「賞金を出すことができない」と判断したという。具体的にどんな問題かについては、答えるのは難しいとしている。

   消費者庁の表示対策課では、J-CASTニュースの取材に対し、景品表示法第4条で過大な景品類の提供を禁じており、ゲームなどの商品の消費者が参加する大会の景品が違法かについては個別に判断しているとしている。

   動画の放送内容について、サイバーエージェントは、大会前日深夜のリハーサルで配信トラブルが発生し、A・B両ブロックで配信できない状態になったが、できる限りやろうと努めて、Aブロックの放送にこぎつけたという。Bブロックを放送しなかったのは、あくまで技術的な事情から配信リスクを考えて決めたとしており、Aブロックを優先したわけではないと言っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中