小林麻央「私の決断が遅かったため...」 放射線治療「再開」で状況報告

印刷

   乳がんで闘病中のフリーアナウンサー、小林麻央さん(34)が2017年1月6日、再び放射線治療を始めることをブログで明かした。

   麻央さんはこれまで、体力回復のための入院(16年12月20日)や、骨への転移(同月22日)を公表しており、ファンからは心配したり激励したりする声が寄せられている。

  • 小林麻央さん
    小林麻央さん

痛みを抱える読者に向けたメッセージも

   麻央さんは6日夜、「痛み止め様」というタイトルのブログを更新。

「痛み止めの量を増やしてもまた痛みが増してきたり、痛みは心折れますね」

などとつづり、

「これから、痛みのある部位だけに放射線をあて、痛みの軽減も期待します。が、私の決断が遅かったため、まだ始められないので、今は、首を長くして待っているところです」

と放射線治療を再開することを報告。麻央さんは16年12月7日、25日間に渡った放射線治療が終了したことをブログで明かしていた。

   今回のブログの最後では

「私よりずーっと/痛かったり苦しく/このブログを読んで下さっている方が/少しでも心和らぐ瞬間がありますように」

   と、「痛み」を抱える読者に向けたメッセージも送った。

   その翌7日の夜、夫の市川海老蔵さん(39)はブログで、

「志村動物園見る前はまおは痛くて動けないよーと言っていましたが、志村動物園みたら元気になってきて酵素風呂にいこう!となりました涙。本当に良かった」

と、「元気になってきた」様子を報告した。

   6日の麻央さんブログに対しては、

「痛みに負けるな 頑張れ麻央ちゃん」

などと応援する声が相次ぎ、8日夕時点で1100件を超えるコメントが寄せられ、「いいね!」は4万9000件以上に達している。

   中には、自身も病気による痛みを抱えている、という人からのコメントも多く、

「(略)まおさんの『痛み止め様』のコメントを読んで、涙が止まりませんでした。まおさん自身痛みで苦しんでいるなか、痛みで苦しんでいる人達にあの様なあたたかいメッセージを送ってくれるなんて...」

などと、麻央さんに励まされた、という反応も多く寄せられていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中