恵方巻ノルマに今年も「助けて!」 コンビニ「自爆営業」はナゼ消えないのか

印刷

   節分に食べる「恵方巻」の販売ノルマを課せられたと、コンビニのアルバイトとみられるツイートが2017年に入って相次ぐ騒ぎになっている。しかし、大手コンビニの本部では、ノルマを店側に課していることを否定している。

   コンビニでは季節の商品ごとにノルマを課せられる、との声がツイッター上では多い。恵方巻ノルマの訴えは、なんとクリスマスケーキを売るときから見られた。

  • コンビニでのノルマが指摘される恵方巻(写真はイメージ)
    コンビニでのノルマが指摘される恵方巻(写真はイメージ)

「オーナーに恵方巻の予約50件取れって言われてる」

「クリスマスケーキ売りながら、お節並べて、恵方巻予約ノルマ」

   アルバイトとみられる女性は、クリスマスの16年12月25日、ツイッターでこうぼやいた。

   別の女性は27日、「クリスマスケーキのノルマ終わったとおもってホッとしたら次は恵方巻?!?とりあえず3本セット×3で」とツイートした。

   年が明けると、1月6日には、「恵方巻ノルマ12本て...お願いできる人なんて限られてるし何本買えばいいんだ」「恵方巻のノルマとれるかな?(~_~) 毎年頭が痛くなる」とツイートが相次ぎ、悲痛な訴えがさらに増えていった。数十本のノルマがあったというケースも多く、「オーナーに恵方巻の予約50件取れって言われてる」「恵方巻ノルマ100だそーです。1人で100。死ぬ」などと書き込まれていた。

   ツイート主らが挙げたコンビニは、1社だけではなく、複数の大手コンビニが含まれている。ノルマが達成できないと、自ら買い取る「自爆営業」をするとも告白されている。ツイートを見ると、とても自主的とは思えない内容だ。

   NHKも26日のニュースで恵方巻ノルマを取り上げ、労働組合の相談窓口には、売れなかった数万円分を給料から天引きされたという相談が毎年寄せられていると報じた。

   自ら買い取らせることも、給料からの天引きも、その事実が分かれば違法になる。労働基準法第24条では、「賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない」とあり、事実上、恵方巻の現物支給になってしまうからだ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中