【女の相談室】孫をかわいがると更年期が軽くなる 愛情ホルモンの不思議な力の秘密

印刷

   年配の女性の多くが悩む更年期症状だが、孫をかわいがると症状が軽くなることが最近の研究でわかってきた。小さな子どもの面倒をみると分泌される「愛情ホルモン」が、更年期になると減少する女性ホルモンの代役を務めてくれるからのようだ。

   孫の世話は大変だが、自然が与えてくれた症状を和らげてくれる摂理と思うと、可愛さがいっそう増すかもしれない。

  • 孫可愛がりが更年期をやわらげる
    孫可愛がりが更年期をやわらげる

代表的症状「ほてり・のぼせ」が軽減

   この研究をまとめたのは、米インディアナ大学のチームだ。更年期医学専門誌「Menopause」の2014年10月号に発表した。

   研究チームは、家族構成が更年期症状の改善に与える影響を調べるため、遺伝性の卵巣がんの予防のために両方の卵巣を摘出した117人の女性を対象に調査を行なった。卵巣を摘出すると排卵が行なわれなくなり、閉経と同じ状態になるため、更年期症状が早く表れる女性が多い。その中でも、代表的な症状のホットフラッシュ(ほてり・のぼせ)について、手術の2週間前、手術後2か月、6か月、12か月の計4回、聞き取り調査を行なった。

   また、同時に同居している家族についても聞き取り調査を行ない、特に同居の子ども(孫を含む)に関して、(1)13歳未満(2)13歳以上~17歳未満(3)18歳以上、の3つに分類した。

   聞き取り調査の結果、卵巣摘出によって更年期症状が始まった女性では、13歳未満の子と暮らしている人は、そうでない人と比べ、ホットフラッシュが軽いことがわかった。また、卵巣摘出の時点ですでに更年期だった女性も、13歳未満の子と同居している場合は、手術後の方がホットフラッシュは軽くなったと報告した。こうした改善効果は13歳以上の子と同居している女性にはみられなかった。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中