縁を感じる人に「また会いたい」と思ってもらう秘訣

印刷

   社会人経験が長くなると、何かの縁を感じる出会いの機会にぶつかるものです。自分からひと押しすれば関係が続きそうな場合もありますが、それでも相手に「また会いたい」と思ってもらわなければ、再会は実現しません。

   人は誰でも、会談後に「また会いたい人」「二度と会いたくない人」「どちらでもない人」として記憶に残します。おそらくかなりの割合を「どちらでもない人」が占めると思いますが、これを「また会いたい」と思わせる工夫が常日頃から必要です。

ポジティブで建設的に。「他人の批判をしない」「明るく将来の話をする」

言葉と態度にネガティブな要素を盛り込まない「ヒューマンスキル」
言葉と態度にネガティブな要素を盛り込まない「ヒューマンスキル」

   どんな多忙な人でも、どうしても会いたい相手なら時間を惜しむことはないでしょうし、場合によっては先約を変更してでも会いに行くかもしれません。

   「また会いたい人」には、円滑な人間関係を築く上で必要な「ヒューマンスキル」が備わっています。その多くは単なる聞き上手以上の、話し上手な人ではないでしょうか。

   また会いたい人の話は、とにかくポジティブで建設的です。「他人の批判をしない」のはもちろん、過去をネチネチ悔いるような話ではなく、「明るく将来の話をする」ことが多いものです。

   私が以前取材した食品商社の営業マンのAさんは、「彼と話すと不思議と元気になる」と評判で、いつも周りに多くの人を集めていました。その理由は、前向きな姿勢がにじみ出ている話し方にあったようです。そのことについてAさんに話を振ってみたところ、こんな風に打ち明けてくれました。

「いや、正直を言うと、これは自分でもかなり意識をしているのです。言動は意識すれば変えられます。『演じている』と言ってもいいのかもしれません」

   Aさん自身は、実は根っからのポジティブタイプではないのだそうです。でも、人の性格はムリに変えることはできません。性格はそのままに、言葉と態度にネガティブな要素を盛り込まないようにしている――。それが彼のヒューマンスキルでした。

高城幸司(たかぎ・こうじ)
1964年生まれ。リクルートに入社し、通信・ネット関連の営業で6年間トップセールス賞を受賞。その後、日本初の独立起業専門誌「アントレ」を創刊、編集長を務める。2005年に「マネジメント強化を支援する企業」セレブレインの代表取締役社長に就任。近著に『ダメ部下を再生させる上司の技術』(マガジンハウス)、『稼げる人、稼げない人』(PHP新書)。「高城幸司の社長ブログ」
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中