ニセモノ大国・中国で「ドラえもん」大流行

印刷

   テレビ放映で中国全土でもすっかり人気アニメのドラえもん。先月からは映画「ドラえもん のび太の恐竜」が公開されてさらにブームが高まった。

こういう記事が出るのは一歩前進?

   あちらのお国柄は著作権などお構いなしに、人気モノには速攻便乗。ニセモノのドラえもんも大流行。ぬいぐるみやTシャツなどあらゆるグッズが市場に氾濫している。

   番組スタッフはデパートのドラえもんコーナーで取材。ここでは「権利許可書」のシールが貼ってある。だからといってホンモノであるかどうか? 人であふれる北京市の市場でぬいぐるみを手にして聞く。

   「これは中国製。ここらにはホンモノはないよ」と女店員。

   「これは新しいバージョン」見ると頭にチョンマゲみたいなモノが乗っている。堂々と胸を張っていわれると「・・・そうか」納得させられてしまうような迫力がある。

   ニセモノ大国と指摘されっ放しとあって、中国紙「法制晩報」ではついに写真付きで<ニセモノのぬいぐるみの見分け方>の記事を掲載。・・・マスコミ=当局だから一応は注意喚起をしたのだろう。

   ニセモノはやはり手触り感や色使いが違い、いかにも粗悪品風。詰めモノに張りがなく有害化学物質がふくまれていて、異臭もするそうだ。問題は値段だ。ホンモノ=930円 ニセモノ=240円。

   「学ぶからマネる文化は、かってのニッポンもそうだったんですが、あまりにも稚拙です」違法うんぬん以前の問題だと石丸幸人・弁護士。

   「五輪が近づいてきて、こういう記事が出るのは一歩前進じゃないですか」と伊集院光。

   スタジオは真っ正面から追求するのもオトナ気ない雰囲気。

   赤江珠緒の発言がしめくくりとなった。「わたしだって親がスヌーピーだとくれたのがニセモノだったんです」ゲストたちも。身に覚えがあるから苦笑してしまう・・・

文   初代不良家 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中