受験勝ち負けはカネ次第 財力に屈する学力

印刷

テレビウォッチ>昨日(2月1日)から都内の中学受験が本格スタート。受験戦争といえば、昔は大学受験だったが、最近アツいのは中学受験だ。

ここでも格差

   番組によれば、中学受験者は過去最高。低学年のうちから、塾に通うお子さんも児童も年々増えてるんだそう。キャプションは「過熱する受験戦争」である。

最近そうでも

   「最近、(受験戦争って)そうでもなくなってきたのかなと思ってたんですが……」と司会の加藤浩次。折しも今日は私立中学(学園)の理事長をつとめるワタミCEOの渡邉美樹がコメンテイターであるので、そこにコメントを求める。

   すると、私立の学校経営者によれば、ここでも「格差が広がってる」そうである。「豊かな家庭ははやくから受験勉強できて、学力じゃなくて、財力で(受験が)決まってる」状況であり、「なんとしても変えていかなければいけない」と思ってるそうである。

   どう変えるのか――。貧しい子も私立中学に行けるようにすべきだという。そのための奨学金制度の充実、私立と公立の補助金の均等化を、この場を借りて訴えていた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中