NHK「あさイチ」 視聴者の評価真っ二つ

印刷

   4月から始まったNHKの朝の情報番組「あさイチ」の視聴者の評価が真っ二つに分かれている。毎日新聞の投書欄(4月23日付)では64歳の女性が、最近のNHKは民放のまねや後追いばかりして情けないと嘆き、あさイチにも「がっかりさせられた。どこにでも出ているような、似た顔ぶれのタレントやコメンテーターが出演する。ただ面白ければいいという番組作りは、民放に任せておけばいい」とバッサリ。NHKとしては、V6の井ノ原快彦をメインに持ってきて、有働由美子アナ、柳澤秀夫解説委員のベテランがその脇を固めるという万全のシフトを敷いたのだが、そもそもそれが間違いというのだから、ギャフンだろう。

   しかし、評価する声も同じようにある。朝日新聞の番組紹介欄の「はがき通信」に41歳の主婦が、「見ていて引き込まれます。(井ノ原が)アイドルのノリを見せないところが男らしいです。これからも期待してます」と、こちらは応援団だ。さて、あなたはどっち派?

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中