NHK「あさイチ」 視聴者の評価真っ二つ

印刷

   4月から始まったNHKの朝の情報番組「あさイチ」の視聴者の評価が真っ二つに分かれている。毎日新聞の投書欄(4月23日付)では64歳の女性が、最近のNHKは民放のまねや後追いばかりして情けないと嘆き、あさイチにも「がっかりさせられた。どこにでも出ているような、似た顔ぶれのタレントやコメンテーターが出演する。ただ面白ければいいという番組作りは、民放に任せておけばいい」とバッサリ。NHKとしては、V6の井ノ原快彦をメインに持ってきて、有働由美子アナ、柳澤秀夫解説委員のベテランがその脇を固めるという万全のシフトを敷いたのだが、そもそもそれが間違いというのだから、ギャフンだろう。

   しかし、評価する声も同じようにある。朝日新聞の番組紹介欄の「はがき通信」に41歳の主婦が、「見ていて引き込まれます。(井ノ原が)アイドルのノリを見せないところが男らしいです。これからも期待してます」と、こちらは応援団だ。さて、あなたはどっち派?

インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中