「維新の会」空中分解!橋下・石原会談まとまらず、世論調査・支持率も急落

印刷

   日本維新の会の橋下徹、石原慎太郎両共同代表がきのう19日(2013年5月)、名古屋のホテルで緊急会談した。橋下の従軍慰安婦をめぐる発言の収拾がつかなくなり、参院選への影響を懸念した石原がまとめ役にまわるという珍しい展開だったが、思わしい結果は得られなかったようだ。

みんなの党・渡辺喜美「社長が『風俗を使え』という会社は信用失墜」

   橋下発言は慰安婦だけでなく、先の戦争が「侵略だったかどうか」など歴史認識でも石原とはずれがある。会談に同席した松井一郎幹事長は、話し合いの内容について「世代の感じ方、お互いに認め合おうと。党としての見解は統一しないことになった」と説明している。石原からは「大阪からの発信はできれば事前にいってくれよ」と注文がついた。

役割逆転

   選挙については、石原が「問題提起するんなら国政だね」と橋下の参院選出馬をうながしたが、橋下は「大阪の統治機構改革は目に見えるところまで来ているから、これだけはやり遂げたい」と否定したという。

   みんなの党の渡辺喜美代表は橋下発言について、「社長が『風俗を使え』という会社は社会的信用を失墜する。それをぬけぬけといい続ける根性がわからない。一緒に組む相手ではない」と選挙協力解消を明言した。両党は25選挙区で候補者の住み分けを模索していた。これに対して、松井は「橋下もこれでおわりだな、弱ったヤツとは組めないと、そういうことならいいですよ。おねがいしてるわけじゃない」と、売り言葉に買い言葉という風だ。

   司会・羽鳥慎一「そういうことですね」

   石原良純(タレント)「話はそれるけど、発言が物議をかもすとのは昔から石原代表で、それがいさめる役割というのは初めて見る」

   青木理(ジャーナリスト)「歴史認識はまとめないというより、まとめられないということですよね。侵略については石原さんの方が過激だし、維新がきびしい局面にある。選挙を考えると、橋下氏の暴走は意味不明です」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中