暴走車 民家突き抜け!「ブレーキ踏んだがとまらなかった」ペダル踏み間違え

印刷
「クルマが薬局を突き抜けました。なぜ?」

と上重聡キャスターが伝える。きのう3日(2016年2月)午後3時15分ごろ、静岡県藤枝市で乗用車が道路沿いの薬局に突っ込んだ。玄関から裏口まで突き抜け、薬剤師の板垣公久美さん(54)が全身強打で死亡、男性店長と従業員ら3人が重軽傷を負った。

   運転していた焼津市の警備員・寺尾靖雄容疑者(64)は過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕された。

T字路交差点の真正面。近所では「事故多い怖いところ」

   薬局の壁は砕け、柱も折れ、車の前部はめちゃめちゃだ。店を訪れようとしていた女性は「すごい勢いでした。車が入って来たのもわからないくらい。玄関のガラスやら壁やらがパーンと降りかかって、私は間一髪で助かりました」

   駆け付けた医師は「傷病者が1人、他の車の上に載っかっていました。その人が心肺停止の状態だったので心肺蘇生を行いました」と状況を話す。

   現場はJR藤枝駅から南に700メートル離れた住宅街で、 薬局はT字路の交差点のすぐ真正面にある。道幅5メートル、時速30キロの速度規制で、交差点手前に大きく「止まれ」と書いてあるが、これまでもよく事故が起きており、自転車と車の事故が4回もあったという。

   車はスピードを落とさず、直線してそのまま衝突したとみられる。ブレーキ痕もなかった。寺尾は「車が止まらなかった」と話している。ブレーキとアクセルを踏み間違えたと見られる。

一ツ石

文   一ツ石
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中