ラーメンにアヘン原料ケシ殻!中国・北京の35店「中毒にすれば常連客にできる」

印刷

   司会の夏目三久「食べればドラッグ依存症になるかもしれません」

   中国・北京でアヘンの原料であるケシ殻を粉末にして、調味料としてラーメンに使っていた35店が摘発された。新華社通信によると、ケシ殻を粉末にして調味料として使っていた北京市内のレストランなど35店を摘発した。

   驚くのはその理由だ。味が良くなるとかそういうことではない。客を依存状態にすれば常連にできると企んだらしい。

地元メディアの取材にも平然!「鍋に1個で十分」

   地元メディアの記者が麻薬ラーメン店に潜入取材した時の映像を流す。記者が「これはなし?ケシですか」と聞くと、店主は平然と「そうです」と答えている。

唖然です

   記者「丸ごと1個鍋に入れるの?」

   店主「直接入れるのよ。1個で十分よ」

   そう言いながら、店主はケシ殻を鍋に放り入れた。

   店主「ケシ殻は持ち出さないでよ、捕まるから。毒ドラッグだから。ケシ殻は煮込めばおいしくなる。足りなければまた入れるよ」。この店主はケシ殻を使って逮捕され、3000元(約5万4540円)の罰金を払っていた。

日本向け食材は大丈夫か

   医師は「使用してはいけない。食べてもいけない。長期的に食べると依存症になる可能性があります。毒ドラッグと一緒です」と話している。それはそうだろう。

   記者は食品の監視当局に通報し、調査員と再びこの店を訪れたところ、店主はケシ殻購入を認め、その理由をこう話した。「私はぜんそくで高血圧と心臓病。医者が効くと話していましたので」

   日本向け食材には入っていないだろうな。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中