オヤジ殺し継承できるか?「ブラタモリ」ド天然の桑子真帆の後任アシスタント近江友里恵アナ

印刷

   NHK「ブラタモリ」(土曜よる7時30分)のアシスタントをつとめている桑子真帆アナは、4月(2016年)から報道番組「ニュースチェック11」(月~金よる11時15分)のキャスターに異動となり、後任には福岡放送局の近江友里恵アナが起用されることが決まった。きのう2日(2016年2月)の発表記者会見では、「不安もありますが、プライベートでも街歩きが好きなので、日本中のまだ知られていない面白いところを紹介したいです」と語った。

   ただ、「ブラタモリ」は旅紹介だけではつとまらない。タモリとの軽妙なやりとりが視聴者の楽しみの一つになっているからだ。桑子アナは弾けたド天然のキャラで、タモリをタメ口で叱っても、「桑子は化けるね」とタモリに言わせてしまうオヤジ殺しだった。近江は継承できるか。会見で桑子は「フワーっした癒しオーラに包まれているので大丈夫でしょう」と太鼓判を押していた。

   近江は高知生まれの東京育ちで、早稲田大学政治経済学部政治学科を卒業してNHK入局。熊本放送局をへて福岡放送局勤務で、17日から東京・アナウンス室勤務となる。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中