報ステ・古舘降板「本人の希望」テレ朝社長あらためて強調!4月以降に出演番組なし

印刷

   テレビ朝日の吉田慎一社長は23日の定例会見で、3月(2016年)に「報道ステーション」を降板する古舘伊知郎キャスターについて、「大変お世話になった」としながらも、「古舘さんの希望で3月いっぱいになった」と降板はあくまでも本人の意志であることを強調した。

   古館キャスターの交代をめぐっては、首相官邸の意向を受けてのことではないかという指摘があり、これを打ち消した格好だ。しかし、4月以降に古舘がテレビ朝日の番組に出演する可能性については、「聞いておりません」ときっぱり言い切った。やはり円満交代ではないのだろう。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中