高畑充希「とと姉ちゃんの常子はいつも3センチ行き過ぎてしまう。来週、再来週は新キャラ続々」

印刷

   NHKの連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で主演を務めている女優の高畑充希は4月14日(2016年)、ツイッターで撮影状況を報告した。「若いなー、ウザいなー(笑)と思いながら観ています。常子はなにかといつも3センチ行き過ぎてしまう人。それがお節介になったり空回りしたり。でも、その3センチがバイタリティになったり原動力になったり」と話した。また、「今の撮影はもう大人になっちゃっているので、お姉さんのような目線で。とと姉ちゃん姉ちゃん。笑 日本中の誰よりも常ちゃんを好きで居たいなぁと思います」と言い、「来週再来週、と、新キャラ続々。物語が動き出します。お楽しみに」と語った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中