紗栄子500万円カンパ「批判も覚悟の上で。何を言われても大丈夫です。大分にも送ります」

印刷

   モデルの紗栄子は4月21日(2016年)、熊本地震の被災者に500万円を寄付したことを売名だと批判されたことに、「一人でも多くの人が寄付について改めて考えてくださり行動に移してくれたらとの思いで、批判も覚悟の上、実名での振り込み明細を掲載しました」と説明した。「信念を持っての行動なので、私は何を言われても大丈夫です」「熊本の皆様、フォロワーの皆様からの暖かいコメントを胸に、これからも被災地、そして被災者の皆様の力になれることを全力で行っていきます」と語った。

   熊本県には寄付したが、災害救援金を受け付けていない大分県には「開設され次第、熊本県同様、彼と子供達と共に寄付させていただく予定です」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中