伊勢志摩サミット「メディアセンター」もう解体!?建設費30億円。使用はたった2日間

印刷

   伊勢志摩サミットで28億5000万円をかけて建設したメディアセンター別館が今年(2016年)中に解体される。木をふんだんに使ったデザインで、サミット中は記者たちの食堂などに使われていた。造ったばかりで、たった2日しか使われていないのになぜ壊してしまうのか。

   設計段階から解体を前提に造ったのだが、解体費だけでも3億円かかる。街で聞くと、「お金持ちの国なんだなあ」「へえー、誰が払うの?」と、あきれる声が返ってきた。

外務省説明「設計時から解体が前提。資材は再利用」

   別館の内部まで入って見た大工歴45年の棟梁、小林繁廣さんは建築材料や作りを調べて「もったいないですよ。再生できたら再生させる方がいい」と話す。

豪華過ぎる

   司会の羽鳥慎一「そもそもこんなに豪華にする必要があったのでしょうか。東京五輪のときでもメディアセンターはプレハブでした。それを1か月使った」

   宇賀なつみキャスター「サミットは2日間ですよ。もったいない」

   外務省はタイルやカーペット、エレベーターなどを再利用する予定だが、「ほかに施設がなかったのかしら」(作家の吉永みち子)、「こんな豪華にしたのは、どうかなあ」(スポーツプロデューサー・長嶋一茂)と疑問の声がつづいた。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中