慶應大サークル強姦事件捜査へ!神奈川県警「女子学生の被害届」受理

印刷

   「ミス慶應コンテスト」を主催していた学生サークル「広告学研究会」で女子学生が強姦された事件で、大学側は「事件性を確認できなかった」とした。男子学生は1人も認めなかったということだ。

   しかし、「とくダネ!」の取材で、グループがLINEで女子学生を呼び出した過程や事件後に「合意だ」「強姦ではない」と言いふらしていることがわかった。

「あれは合意の上」「強姦じゃない」LINEで言いふらしていたレイプ学生

   広告学研究会は「ミスコン中止」の説明会で、「一部で報じられている男女の関係は一切ない。被害者とされている子が1人で勝手に酒を飲んで、なぜか騒いでいる」と説明していた。被害者の女子学生はおととい15日(2016年10月)に被害届を出し、神奈川県警はこれを受理して刑事事件として捜査する。

異常すぎる

   司会の小倉智昭「学生5人で女子学生に暴行するだけでもひどい話なのに・・・。警察が動き出したら、大学もこれまでと同じではいけない」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中