好きな人は「たまらん!」、嫌いな人は「クッサイ!」・・・パクチーものすごい薬効

印刷

   好きな人はあの独特の強い香りに病み付きになり、苦手な人は「臭いだけの雑草」と評価が真っ二つに分かれるパクチーは、古代ギリシャ・ローマ時代から薬草として珍重され、パクチーはタイ語、中国語ではシャンツアイ(香草)、英語ではコリアンダーだ。

   雨宮萌果アナ「これだけ呼び名があるということは、つまり世界中で食べられているということです。その体にいい秘密を探ります」

トマトの7倍の抗酸化作用。香り嗅ぐだけでお肌若返り

   まず抗酸化作用が凄い。「呼吸や激しい運動で活性酸素ができて、この活性酸素が増えると動脈硬化や心筋梗塞、糖尿病を招きます。しかし、抗酸化力の高い野菜を食べると防いでくれるわけです。東京工科大学の後藤正男教授の測定では、パクチーはトマトの7倍の抗酸化力がありました」(雨宮アナ)

パクチーは解毒作用も強い。筑波大学の熊谷嘉人教授が解説した。「中国大陸の井戸にヒ

   素が含まれて大変な被害にあったのに、ベトナムでは被害が少なかったということがありました。その違いはパクチーの摂取量でした。パクチーを常時食べているベトナムではタバコや工場の煙に含まれるナフトキノンや魚が食べたメチル水銀、畑でのカドミウムなどの有害物質を軽減し、排泄をうながしてくれるんです」

   パクチーは香りが強いが、その香りの成分のひとつが「リナロール」で、皮膚の老化防止の効果があるという。

(磯G)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中