日本人がいちばん好きなお菓子はあれだった!1万人が1700種類から投票・・・2位「ポテチ」、3位「キットカット」
<日本国民がガチで投票! お菓子総選挙2016>(テレビ朝日)

印刷

   これまでにもさまざまな『総選挙』を行ってきたテレビ朝日の特番で、今回は「お菓子総選挙」だ。前にもやっていたような気がして調べてみたら、前回の総選挙では「チョコレート部門」「スナック部門」「米菓部門」に分かれていた。
   今回は13社1700種類の中からベスト30を選ぶという。13社の中にはグリコ、森永、明治、カルビーなど大手企業の商品と、チロルチョコやベビースターラーメンなどの駄菓子っぽい商品、歌舞伎揚げなどの米菓子というように、全部ひっくるめての順位づけで、いささか乱暴すぎる。おまけに、10~50代までの各世代2000人ずつ、計1万人の国民投票をもとにランキングを発表するのだが、超高齢社会の日本で、60代、70代、80代を除外しては本当の意味での『国民投票』とはいえないのではないか。
   30位のロッテ「パイの実」から始まり、3位ネスレ日本「キットカットミニ14枚」、2位カルビー「ポテトチップス うすしお味」と発表されていく。1位はカルビー「じゃがりこ サラダ」だった。明治の「たけのこの里」が8位なのに、「きのこの山」がランク外、9位の明治「果汁グミ ぶどう」は味が決められているのに、10位の「ハイチュウ」は味別ではないなど、納得いかない部分も多々あるが、まあ、「AKB48の総選挙」よりも盛り上がったのでよしとしよう。考えれみれば、2時間まるごと企業のCMでしかないのだが。(放送2016年11月27日20時58分~)

(白蘭)

採点:0.5
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中