ホンダ パキスタンでの2輪車生産能力を50万台へ拡大

印刷

ホンダは2006年7月7日、パキスタンのラホール市にある2輪車新工場の稼動を開始し、2輪車の年間生産能力を40万台から50万台に拡大させたと発表した。同国の2輪市場は急速に拡大しており、2006年には80万台(前年比160%)まで拡大すると予測されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中