三井住友海上、全店で損保の販売を停止

印刷

保険金の不正な不払いなどを理由に金融庁から行政処分を受けた三井住友海上保険は2006年7月10日から23日までの2週間、約5万9,000の全代理店を含む全店で、損害保険の募集・契約業務を停止する。医療保険など「第3分野」商品の販売は、金融庁が管理体制の改善を確認するまで無期限の停止となる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中