ホンダ、ハイブリッド車向け「新工場」建設へ

印刷

新聞各紙は2006年7月24日、ホンダがハイブリッド車の基幹部品を生産する新しい工場棟を鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)の敷地内に建設する、と報じた。電気モーターの生産能力を現在の約4倍の年20万台分に増強する。08年の稼働を目指す。

JINビジネスニュースの取材に対してホンダ広報部は「シビックハイブリッドの売れ行きが好調で、部品生産の増強が必要だ、という方向性は間違っていないが、生産台数などの数字は決まっていない。報道で言われているような『新工場』というような大きなものではなく、よくある設備の増強の一環だと考えている」と話した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中