2019年 1月 22日 (火)

オーマイニュース 「嫌韓」でブログ「炎上」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   韓国で人気のインターネット新聞「オーマイニュース」の日本版が2006年8月28日、創刊される。オーマイニュース編集部は「開店準備中Blog」をオープンし、創刊準備を進める様子を伝えている。だが、このブログのコメント欄の様子が穏やかではない。韓国で始まったメディアであることから、「売国奴」などの攻撃的な書き込みが相次ぎ、なかば「炎上状態」なのだ。

   オーマイニュースは00年2月に韓国で登場、「市民記者」として登録すれば、誰でも記事を書けるのが特徴だ。4万人以上の「市民記者」が記事を執筆し、1日250本以上の記事が掲載される。
   06年3月にはオーマイニュースが7割、ソフトバンクが3割出資して日本法人「オーマイニュース・インターナショナル」が設立された。5月にはジャーナリストの鳥越俊太郎氏が編集長に就任、6月からは「開店準備中Blog」を開設した。

「偏向報道は止めてください」といった書き込みが殺到

「開店準備中」ブログ。「創刊まであと26日!」との文字が躍る
「開店準備中」ブログ。「創刊まであと26日!」との文字が躍る

   その内容は、サッカーW杯の現地レポート、世界中の市民記者が集まって開かれた「世界市民記者フォーラム」の体験記、企画案の募集、スタッフの意気込みなど多岐にわたる。
   コメント欄にも多数の書き込みがあり、活発な議論がかわされている。だが、その中には、

「偏向報道は止めてください。朝鮮資本ってことで警戒してます」
「OhMyNewsは所詮は韓国版の焼き直し。日本叩き、日本の政府叩き、北朝鮮擁護をしたい人たちの集まりなのは明らか」

と、穏やかでない書き込みも少なくない。

   毎日新聞は8月1日「にっぽんに思う」という連載の中でオーマイニュースを紹介し、その中で、鳥越編集長が「嫌韓」の書き込みについて、こう分析している。

「戦争を知らない若い世代が、経済発展した韓国に違和感を覚え、過去にあった差別意識を再生産した。ネットという匿名の場に、ネガティブな感情が噴出している」

   このブログ、8月1日から「市民記者」と、氏名とメールアドレスなどを事前登録した「準市民記者」以外は、コメントを書き込めない仕組みに変更した。だが、これは「嫌韓」書き込みとは関係ない、というのだ。オーマイニュースの広報担当はJ-CASTニュースの取材に対してこう語る。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中