キリンビール、ロシアでビール生産 日系企業で初

印刷

キリンビールは2006年8月3日、日本メーカーとして初めて、ロシアでビールの現地生産を行う、と発表した。現地企業に委託し、9月から「一番搾り」を生産・販売する。これまでのロシア市場で販売されていた「一番搾り」は、キリンの英国子会社から輸入していた。輸送コストや関税がかからないため、1本の価格は60ルーブル(約240円)から半額の30ルーブル(約120円)になる。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中