2021年 6月 18日 (金)

大学生就職に役立つ SNSの新活用法

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   個人情報保護法の余波が、就職活動にも押し寄せている。企業が大学へのOB名簿の提供を渋り始め、「OB訪問」ができなくなったからだ。その代わりに、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が、学生たちのなかで活用され始めている。

   就職活動する際に、行きたい企業のOB・OGの連絡先が掲載された「OB名簿」が大学にあるのはいわば「常識」だった。名簿を頼りに、学生はOBと面会して、その企業の実際の雰囲気を知ることができた。

個人情報保護を理由にOB名簿出し渋る企業が続出

SNSのmixiでは就職関連のコミュニティがたくさん見つかる
SNSのmixiでは就職関連のコミュニティがたくさん見つかる

   しかし、個人情報保護を理由にOB名簿を出し渋る企業が続出してきた。2006年8月17日付けの読売新聞によると、「OB訪問に限っての利用」としたうえで、東京大学が提供を要請しても、応じた企業は240社にとどまった。他大学でも、名簿の出し渋りが目立つ。

   そんな中で、SNSを使ってOB訪問しようとするケースが出現しはじめた。SNS大手のmixi(ミクシィ)では、OB訪問を受け付けてくれる人を募る項目(トピックス)をいくつも見つけることができる。実際、OB訪問を受け付ける会社員まで登場している。
   都内の広告代理店に勤めるAさんは、OB訪問と学生が会社に提出する書類であるエントリーシートの添削を06年2月から受け付けはじめた。「訪問」は出身大学を問わないので、そこが普通の、OB訪問とは違う。訪問を希望する学生のカキコミが70件近く、メールで訪問の依頼をした人もいた。Aさんがつくったコミュニティには現在約400人の人が参加している。
   出身大学に関係なしが、人気の最大の原因だ。「なかなか学校のOBが見つからず、困っておりました。是非OB訪問させていただきたく思います」といったカキコミも見かける。就職活動が最も盛んになる2月頃には殺到し、Aさんは昼に2人、夕方に5人ほどの訪問を受け付けるなど、ちょっと大変そうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中