五輪誘致 石原VS姜 2ちゃんで痛みわけ

印刷

   五輪の国内候補都市をめぐる東京都福岡市の招致合戦で、2006年8月31日付け朝日新聞は石原慎太郎・東京都知事が福岡市の応援演説をした姜尚中・東京大学教授を「怪しげな外国人」と評して「かみついた」ことを報じた。当然、ネットの「2ちゃんねる」ではこれを取り上げて騒ぎになっているが、今回の反応は通常とはちょっと違うようだ。

   問題になっているのは、国内候補都市に東京都が選出された祝賀パーティでの石原都知事の挨拶。朝日新聞によれば、「怪しげな外国人が出てきてね。生意気だ、あいつは」などと述べたという。これは姜教授が福岡市の応援演説のなかで「金持ちのための五輪で勝てるかどうか」と、東京都を批判したことについての反応だと受け取れる。

普通なら「袋叩き」にあうのは姜教授

2ちゃんねるでは姜教授を擁護するコメントも多く見つかる
2ちゃんねるでは姜教授を擁護するコメントも多く見つかる

   姜教授は、熊本県生まれの在日韓国朝鮮人2世。「在日」「朝鮮」などに関わるものは、2ちゃんねるでは総じて「袋叩き」にあう対象だ。実際にこの件でも、

「在チョンの東京批判クソワロタww」「福岡と、どういう関係があるのか分からん外国人が熱烈応援なんて普通に考えて怪しい」「在日を応援者に選んだ時点で福岡負け決定」「生姜はどうみても対日工作員だろ?」

   など、2ちゃんねるでは「日常的な」発言が並ぶ。こうした「中傷」とも捉えられかねないカキコミの一方で、

「公のプレゼンで他者批判するかフツー」「姜尚中が出身地を応援するのはわかるしかし東京批判の内容が稚拙すぎ 」

   と、姜教授が東京を「金持ち」として批判したことを冷静に捉えて不快感を示すカキコミもある。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中