心臓病女児募金活動に ネット上で批判噴出

印刷

   心臓病に侵された女の子への救済募金をめぐって、2ちゃんねるなどの掲示版が「祭り」状態になっている。手術などに必要な1億3,600億円を目標に、両親と有志が募金活動を始めたが、両親がNHKに勤務していることなどを理由に「高給取りなのに何故自腹を切らないのか」といった批判が噴出したのだ。矛先は他の募金活動にも向けられ、募金という活動そのものの透明性に疑いの目が向けられている。

   批判を浴びているのは、難病の「突発性拘束型心筋症」を患っている、4歳の女児への募金活動だ。2006年9月21日に都庁で会見し、募金を訴える様子がメディアに取り上げられた。

両親はふたりともNHKの職員だった

「祭り」に巻き込まれた「救う会」のウェブサイト。指摘を受けて、目標募金額の内訳が掲載された
「祭り」に巻き込まれた「救う会」のウェブサイト。指摘を受けて、目標募金額の内訳が掲載された

   女児の両親は「団体職員」と報じられたが、実はふたりともNHKの職員だった。これがやり玉に挙がった。これをきっかけに、「高給取りなのに自腹を切らないのはとんでもない」といった批判が噴出した。加えて、父親が職場では旧姓を使用しているのに対して、会見では戸籍上の名前を使っていたことが「隠蔽」と、さらに非難を呼ぶことになった。さらに、「救う会」の代表者や構成員にNHK職員が多いという指摘が相次ぎ、「治療費は内部で調達しろ」と火に油を注ぐ形になった。

   過去の募金活動にも批判の目が向けられた。余命わずかで、今すぐお金が必要だったはずなのに、実際の手術までには時間がかかった例や、会計報告が不明朗だったケースなどが次々に指弾され、「巣食う会」「死ぬ死ぬ詐欺」などと揶揄された。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

姉妹サイト
    loading...
注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中