有罪藤田社長 「爆弾発言」本当か

印刷

   民間指定確認検査機関のイーホームズ(現在は指定取消し)社長の藤田東吾被告は2006年10月18日、東京地裁から耐震偽装事件で有罪判決を受けた後の記者会見で「爆弾発言」をした。マンション販売・ホテル経営をしているアパグループの物件にも耐震強度の偽装があるという内容だが、同社は全面否定している。

「きっこの日記」で「予告」されていた

「きっこの日記」では記者会見に先立って藤田被告の声明を掲載
「きっこの日記」では記者会見に先立って藤田被告の声明を掲載

   実はこの暴露発言、大人気ブログ「きっこの日記」で「予告」されていた。
   06年10月17日に、藤田被告と親交がある筆者のきっこ氏は、「18日に判決が下るのを受けて重大発表をする」と書き込んでいる。きっこ氏は耐震偽装事件でいくつも「特ダネ」を暴露した実績があるため、内容が注目されていた。

「18日の午前11時前後に、藤田社長の判決が出たころを見計らって、ものすごい爆弾を落とそうと思う。(中略)特に、マスコミ関係の人たちは、今年最大のニュースになること間違いなしだから、くだらないタレントの追っかけなんかしてないで、明日の『きっこの日記』に注目してちゃぶだい‥‥なんて思う今日この頃なのだ」

   そして18日10時半ごろ、「きっこの日記」で実際に重大発表がされた。藤田被告が記者会見で配布した資料とされる文書が、記者会見に先立ってこのブログに掲載されたのである。アパグループの物件にも構造計算に偽装があるという内容だ。

「イーホームズでは、平成18年2月に、アパグループのマンションの偽装を発見しました。アパのマンションやホテルの構造設計を一手に行なっていたA(日記では実名)という設計事務所の代表がイーホームズに来社して、『こんな偽装の手法は、姉歯より俺が先に初めた』と豪語しました。『建築確認を早く取るために、構造設計にかける時間が少ないから構造計算書を偽装(改ざん)するなんて、他(の構造設計士)にも沢山いるよ』と平気で言いました。(中略)その後、アパの取締役や責任者の方が来社して、アパに関する偽装の隠蔽や計画変更を要請しました。全く、ヒューザーの時と同様です」

   藤田被告によれば、イーホームズはアパグループの3物件の偽装を確認し、国交省に通報してアパの物件を調査するように要請したが、アパは工事を止めず、国には「関知しない」と言われた、という。そして、これまで触れなかった理由については、「もし、言ったとしても、国は隠蔽するために何をするのか分らなかったし、社員もいたので、安全を優先しました」としている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中