ミクシィで「飲酒運転告白」 「冗談」が重大な結果に

印刷

   またミクシィでの「飲酒運転告白」が騒ぎになった。これまでは、問題化してもネットメディアや夕刊紙などでしか報じられてこなかった。だが今度は高校の体育教師が飲酒運転を告白、地元紙に大きく報じられてしまった。この教師は「冗談で書き込んだ」として「飲酒」を否定しているが、それでも「冗談」が自分の生活基盤をも脅かすようなご時世になってきた。

   これまでのミクシィ「飲酒運転告白騒動」としては、大阪経済大学在学中の19歳の大学生の例がよく知られている。この学生は11月6日の日記で、飲み会で飲酒した後にバイクを運転したことを告白。「祭り」になった末に、大学側も10日付けで未成年の飲酒と飲酒運転をしないように呼びかける文章を公式ウェブサイトに掲載するに至った。この件は、ITMediaなどのネットメディアが報道した。

地方紙に掲載され、騒ぎ拡大

ミクシィ日記で「飲酒運転告白」は「冗談」?
ミクシィ日記で「飲酒運転告白」は「冗談」?

   今回話題になっているミクシィ日記での「飲酒告白」は、福岡県の筑後地方にある県立高校に勤める22歳の男性非常勤講師によるものだ。11月24日08時04分付けで、スポーツの試合で惜しくも敗れてしまった、という内容なのだが、こんな「余計なこと」ことを書いてしまった。

「で、昨日は3時ぐらいまで飲んでて6時前に実家から出てきました。飲酒運転やし(笑)」

   これに対して

「飲み会の感想は?いい気分になったんでしょー?飲酒運転は許さんぞ」

   と非難するコメントが書き込まれたが、この講師はこんなコメントを返信し、全く飲酒運転を反省していない様子だった。

「友達と後輩が吐いて大変やった。飲酒は許してね!もう仕事終わったけん、帰って寝る!」

   そうすると、日記が書き込まれて6時間後の14時07分に、ミクシィ上の、男性が勤務する高校のコミュニディー(コミュ)に「U(編注: この講師の本名)の犯罪」というタイトルのスレッドが立ち、「がっかりしますね」「最低ですね、この人」といった書き込みが相次いだ。また、この講師が、高校で起こった生徒の飲酒事件を「ついに全国区!!!!」というタイトルで、面白おかしく紹介したことについても非難が集まった(この事件では、運動会後に『打ち上げ』を行って飲酒した者がいたとして、全校生徒774人中151人が4日間の停学処分を受けた)。

   通常ならば、このような騒ぎは「ネット上の『祭り』」で収束するものだが、今回のケースでは大きく違うことがあった。この「告白」が、スポーツ紙でも夕刊紙でもない、地域の人に広く読まれている新聞に掲載されたのだ。記事が掲載されたのは、10月30日付けの西日本新聞朝刊。同紙は九州でトップシェアを誇るとされており、本社がある福岡では、最もよく読まれている新聞だ。こんな見出しで、福岡県ローカル面のトップ項目で「祭り」の経緯と、この講師が学校側から口頭で厳重注意を受けたことを報じている。ご丁寧にも、ミクシィ日記のスクリーンショットまで掲載されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中