2020年 5月 28日 (木)

本間税調会長スキャンダル カネと女の「ドロドロ」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   本間正明政府税調会長(大阪大学大学院教授)が、東京の官舎に愛人を住まわせていたと報じられた問題で、本間氏包囲網が狭まってきている。自民党内からは「イメージは良くない」などと批判発言が相次ぎ、町村信孝氏に至っては「クビを取るのか取らないのか分かりませんけれども、ひとつ、わかりやすい対応を」と、暗に辞職を迫った。さらに、スキャンダルが発覚した背景として「財務省によるクーデター説」を唱える週刊誌も登場、「カネと女と権力闘争」が入り混じって、ドロドロの様相を呈してきた。

   この問題の発端は、「週刊ポスト」2006年12月22日号(首都圏では12月11日発売)に掲載された「本間正明税調会長 『愛人と官舎同棲』をスクープ撮」という記事だ。本間氏が住む、JR原宿駅から徒歩5分の立地にある「東郷台宿舎」から、愛人が買い物に出かける様子や、本間氏と愛人が銀座三越でデートを楽しむ様子などを報じている。

「誠実な交際をしている」などと釈明

「官邸主導」本間体制はどうなる?
「官邸主導」本間体制はどうなる?

   記事中には本妻と愛人に取材、本妻は

「(本間氏と愛人が東京で一緒に住むようになってから)3~4年になると思います。(本間氏が大阪の家に)帰ってくることはめったにありません。会うのは子どもの結婚式の時や孫が生まれた時ぐらいです…」
「(愛人問題について)夫婦間では何も具体的に話し合っていません。もし、あちら(夫)からそう言ってくれれば話します」

などと話していた。一方の愛人の方は、本間氏と愛人関係にあることは認めた上で、「本間の方は、奥さんとは離婚調停中です」などと、本妻側と矛盾した発言をしている。

   報道を受け、本間氏は12月13日に記者会見を行い、この問題について、

「(愛人の女性とは)誠実な交際をしているところです。妻とは離婚協議中で基本的な合意が成立しています」

などと釈明したが、その後も、自民党内から批判が噴出している。

町村信孝・町村派会長「美しい国らしからぬ行為が散見される。クビを取るのか取らないのか分かりませんけれども、ひとつ、わかりやすい対応を」(12月14日)
片山虎之助参院幹事長「イメージが悪い。権威ある会長なので、大変残念」(12月15日)
津島雄二税制調査会長「官舎を全部売ってしまえという報告を書いた1人だ。胸に手を当てて考える時もあるのではないか」(12月17日)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中