2019年 1月 22日 (火)

マイナスイオン健康にいい 科学的根拠実はゼロ

印刷
数独ポータルはじめました!3問解いてAmazonギフト券ゲットしよう!

   マイナスイオンやゲルマニウムが健康にいい。テレビゲームで「ゲーム脳」になる。水に「ありがとう」と言えば綺麗な結晶(氷)ができる。どれも科学的根拠の無い「ニセ科学」であり、それらが蔓延している世の中はおかしいと、2006年12月18日のNHK「視点・論点」で大阪大学菊池誠教授が話した。これがネット上でも評判になっている。

菊池教授は、「『ニセ科学』入門」という論文も公開している
菊池教授は、「『ニセ科学』入門」という論文も公開している

   菊池教授はまず、ゲルマニウムブレスレットなどゲルマニウムグッズが健康にいいと人気であることをあげ、「健康にいいという科学的根拠は無く、せいぜい『お守り』程度」と切り捨てた。また、評判のマイナスイオンについても、健康効果に科学的裏付けはないとし、「ブームは全くのカラ騒ぎ。なんで大手家電メーカーまでブームに乗ったのか」と、これまで「科学的な常識」と多くの人が信じていた事は誤りだとした。

テレビゲームで遊べば「ゲーム脳」になる、もウソ

   テレビゲームで遊べば「ゲーム脳」になる危険がある、という研究があるが、ゲームにはストーリーがあり、人格形成に影響はあるかもしれないが、それは小説やドラマでも同じで、脳の機能が壊れるというのとは別の話だ、というのだ。そして、

「(ゲーム脳は)教育関者に広く受け入れられていますが、そもそも、ゲームのし過ぎをなんとかしたいというのは科学の問題ではなく、『しつけ』の問題のはず。しつけの根拠を、科学に求めてもしょうがないのです」

   さらに、教育現場の問題では、「水にありがとうという言葉を掛けると綺麗な結晶(氷)ができて、バカヤロウと言うと綺麗な結晶(氷)にならない」という話が信じられている。

「もちろん、そんなバカなことはありません。水はただの物質です。それが『ありがとう』が水にも分かる良い言葉と言われると、『いい言葉』と思い込む人が意外に多いらしい。つまり、言葉使いの根拠を、水という物質の振る舞いに求めているわけですが、言葉は人間同士のコミュニケーションの手段だから、その使い方はあくまで人間が自分の頭の中で考えなければいけないはずです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
20代で資産4800万円超え! 兼業トレーダーが選んだ「恐怖指数」ってなんだ?

高校生時代から、アルバイトを掛け持ちしてコツコツと貯めた50万円を元手に、20歳から株式投資を始め、研究に研究を重ね、投資の「極意」をつかんだ。その結果、現在手元には4800万円を超える資産が。日々サラリーマンをしながら、わずか7年で、資産をおよそ100倍近く増やした。

PR 2018/11/19

20181221_ohaka.jpg
親の「人生の最後」、本気で想像したことある?

2010年の新語・流行語大賞にもノミネートされた「終活」。残された家族のためを思い、「人生の最後」を前向きにとらえて活動している人も多いようだ。最近の終活需要の高まりはニュースなどでもよく耳にする。

PR 2018/11/16

姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中