2019年 10月 23日 (水)

マイナスイオン健康にいい 科学的根拠実はゼロ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   マイナスイオンやゲルマニウムが健康にいい。テレビゲームで「ゲーム脳」になる。水に「ありがとう」と言えば綺麗な結晶(氷)ができる。どれも科学的根拠の無い「ニセ科学」であり、それらが蔓延している世の中はおかしいと、2006年12月18日のNHK「視点・論点」で大阪大学菊池誠教授が話した。これがネット上でも評判になっている。

菊池教授は、「『ニセ科学』入門」という論文も公開している
菊池教授は、「『ニセ科学』入門」という論文も公開している

   菊池教授はまず、ゲルマニウムブレスレットなどゲルマニウムグッズが健康にいいと人気であることをあげ、「健康にいいという科学的根拠は無く、せいぜい『お守り』程度」と切り捨てた。また、評判のマイナスイオンについても、健康効果に科学的裏付けはないとし、「ブームは全くのカラ騒ぎ。なんで大手家電メーカーまでブームに乗ったのか」と、これまで「科学的な常識」と多くの人が信じていた事は誤りだとした。

テレビゲームで遊べば「ゲーム脳」になる、もウソ

   テレビゲームで遊べば「ゲーム脳」になる危険がある、という研究があるが、ゲームにはストーリーがあり、人格形成に影響はあるかもしれないが、それは小説やドラマでも同じで、脳の機能が壊れるというのとは別の話だ、というのだ。そして、

「(ゲーム脳は)教育関者に広く受け入れられていますが、そもそも、ゲームのし過ぎをなんとかしたいというのは科学の問題ではなく、『しつけ』の問題のはず。しつけの根拠を、科学に求めてもしょうがないのです」

   さらに、教育現場の問題では、「水にありがとうという言葉を掛けると綺麗な結晶(氷)ができて、バカヤロウと言うと綺麗な結晶(氷)にならない」という話が信じられている。

「もちろん、そんなバカなことはありません。水はただの物質です。それが『ありがとう』が水にも分かる良い言葉と言われると、『いい言葉』と思い込む人が意外に多いらしい。つまり、言葉使いの根拠を、水という物質の振る舞いに求めているわけですが、言葉は人間同士のコミュニケーションの手段だから、その使い方はあくまで人間が自分の頭の中で考えなければいけないはずです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中