2019年 6月 19日 (水)

「ぬれ煎餅」の銚子電鉄 今度はCD買って!!

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   厳しい経営状況が続いている銚子電鉄が、テーマソングのCDをオンラインショップで販売する。経営存続をかけて発売し、爆発的な人気を博した「ぬれ煎餅」に次いで、 "二匹目のどじょう"を狙っている。応援ソングのタイトルは「朝が始まる」。歌っているのは、地元・千葉県で活動しているMURATA BANDなる4人組だ。

   きっかけは、銚電を経営難から救おうと「ぬれ煎餅」のネット販売を始めた同社の税理士・竹本勝紀氏とバンドメンバーが知り合いだったこと。「社員の士気を高めるために、歌をつくったらどうか」という話になった。竹本税理士によると、MURATA BANDは、かつてはプロを目指していて、音楽評論家の渋谷陽一氏をうならせたほどの腕前。平均年齢41歳で、いまはサラリーマンなどで暮らしを立てている。そんな彼らのオリジナル曲『朝が始まる』に竹本税理士が共感し、原曲ベースに応援歌としてアレンジした。

何度でも聞きたくなる『朝が始まる』

銚子電鉄、今度はテーマソングのCDを発売
銚子電鉄、今度はテーマソングのCDを発売

   銚電オンラインショップのホームページにあるCDコーナーを覘くと、「銚電テーマソング『朝が始まる』・・・なぜか何度でも聞きたくなる・・・」とアピール。J-CASTニュースの取材に、竹本税理士は「わたしも好きな曲なんですよ。感情が入りやすいので、聴いた人が勇気づけられます。『ぬれ煎餅』と同じ、平べったくて、まあるいモノと思い、CD 化を決めました」と話し、全国の鉄道ファンや銚電の支援者に購入を呼びかけている。

   1枚1050円(消費税込み、送料別)。プロの歌手だって売り上げが伸びない昨今にあって、CDの販売目標はなんと100万枚。ミリオンセラーを目指すというから驚きだが、「100万枚は、われわれの意気込みと受け取ってください」と銚電社員は語る。
   半面、煎餅ならば、おいしければリピーターもいるが、CDでは、多くは1枚買ってしまえばそれでおしまいだから、目標達成はなかなか難しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中